障がい者支援施設くすのき園

 

施設外観

施設外観
 

あいさつ

あいさつ
 
くすのき園は平成6年に知的障害者入所更生施設 新居浜市立くすのき園として開設されました。平成16年からの10年間の指定管理者期間を経て、平成26年より新居浜市からわかば会に全面移管されました。
入所施設ではありますが、ショートステイやデイサービス(生活介護)事業も行っており、多くの地域の障がいのある方々にも利用して頂いております。また入所されている方たちにも、ご要望に応じて日中は法人内外の事業所等に出かけて行ってもらっています。幅広い年齢層の利用者の方たちが約70名の職員と一緒に協力して、「利用者が主人公」の法人理念のもとに、内にも外にも開かれた施設運営に取り組んでいます。
 
 

大切にしていること

大切にしていること
 
『共に』
支援や介助は必要な人に必要な時に提供するようにします。職員は常に利用者の方たちにとっての支援者でいる必要はなく、共に楽しみ、共に苦労し、共に考えて、共に過ごし、共に行動するようにします。
 
『個別支援』
生まれも育ちも性格も特性もひとり一人異なる利用者の方たちの、過去・現在・未来のストーリーを共有しながら、日々の関わりや活動の中で継続的に理解できるように努めて、ありとあらゆる環境を活用しながら、ご本人が必要な支援を本人の立場になって推測して、ひとり一人の可能性を拡げるための行動を職員はとっていけるように努力します。
 
『連携』
ご利用者やご家族、くすのき園内外、さらには地域の様々な関係者とも協力して、法人理念である「利用者が主人公」を実現できるようにするために、対話を重ねて、利己ではなく利他の心を持って、チームで物事を進めていけるように努力します。
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業内容
■生活介護   定員60人
■施設入所支援 定員60人
■短期入所(併設型)
■日中一時
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市萩生1834番地1
 
【電 話】0897-41-6361
【Fax】0897-40-2191
 

ご案内

ご案内
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
「sense of wonder」~今をどう捉えるか
2020-04-27
 以前、私の子供が通っていた保育園の先生から、「センス・オブ・ワンダー」(レイチェル・カーソン著)という素晴らしい本を紹介していただきました。
 
題名の「センスオブワンダー」とは、「自然の神秘さや不思議さに目を見はる感性」と訳されています。
 
その本の中に、
「子どもたちの世界は、いつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激に満ち溢れています。残念なことに、私たちの多くは大人になるまえに澄みきった洞察力や、美しいもの、畏敬すべきものへの直感力を鈍らせ、ある時はまったく失ってしまいます。もしも私が、すべての子どもの成長を見守る善良な妖精に話しかける力を持っているとしたら、世界中の子どもに、生涯消えることのない“センス・オブ・ワンダー ”(神秘さや不思議さに目をみはる感性)を授けてほしいと頼むでしょう。」
 
「美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものに触れたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などの様々な形の感情がひとたび呼び覚まされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。そのようにして見つけだした知識は、しっかりと身につきます。消化する能力がまだ備わっていない子どもに、事実を鵜呑みにさせるよりも、むしろ子どもが知りたがるような道を切り開いてやることのほうがどんなに大切であるかわかりません。」(以上、本からの引用)
と著者からのメッセージが書かれています。
 
 
青い空、そして新緑に包まれた景色の中を利用者のみなさんと散歩しながら、自然本来の流れに身を委ねた瞬間、
「新型コロナウイルスを避ける事だけではなく、感染拡大がもたらす不安感から心を開放するため、どう向き合い、どう付き合っていこうか。」
と、自身が忘れていた感性「センスオブワンダー」が前向きな思考を与えてくれました。
(白木)
 
 
 
 
 
 
「コロナ禍で思うこと」
2020-04-20

新型コロナウィルスの予防に使って下さいということで、くすのき園利用者のご家族やご親族、以前働いていた職員からマスク等を頂きました。

コロナウィルスに関しての脅威は皆さん共通であるにもかかわらず、これ以外にも多くの方たちから、様々な温かい支援を頂き、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

 

私がコロナ禍で思うことは2つあります。

1つ目は単純に「怖い」ということです。

自分自身が、自分の家族や周りの人たちが、くすのき園の利用者や職員や関係者がこのウィルスにかかって苦しんだり、命を落としてしまうことが「怖い」です。

くすのき園は多くの障がいのある方が生活する入所施設であり、施設の構造や利用者の方の生活習慣上、また介護という職業の特性上、世間で言われている密を避けるというのは難しい状況にあります。その中で様々な対策をしてはおりますが、万が一コロナウィルスが施設の中に入り込んでしまうかもしれないという可能性はただ単純に「怖い」です。

そして、このウィルスの直接的な影響と同じくらい「怖い」のが、私たちが今まで築き上げてきたものや、これから築こうとしている仕組みや人と人の関係性がこのコロナ禍をきっかけとして崩れてしまうことです。

 

2つ目は「ありがたい」ということです。

人間の健康には身体的な健康と精神的な健康の2つの側面があります。コロナウィルスは身体的な健康以上に不安という形で私たちの精神的な健康を奪っているのではないかと感じています。様々な自粛を受けて、日本だけでなく世界中で孤独を感じている人が多い中で、私たちはくすのき園というコミュニティーの中で孤独を感じることが少なく、日々を送ることが出来ているのではないかと思っています。

また私たちの仕事は不特定多数の人とではなく、基本的には同じ利用者の方と長く関わりを持たせて頂く仕事です。人と接する多くの職業人が感染するかもしれないという不安を抱えながら仕事をしている今、私たちはその不安も比較的少なく、また入所施設においては利用者(お客様)が途切れることはないということで、経済的な不安定さも少ない中でお仕事をさせてもらっています。

 

コロナウィルスの影響による外出や面会等の自粛でくすのき園の利用者やご家族の皆さまには、様々なストレスや寂しさを感じさせてしまっていることと思います。またくすのき園で働く職員の方たちも、不安を抱えながら業務やプライベートを送っていることと思います。

 

そのような状況の中ですが、くすのき園は利用者と職員が一緒に、今まで築き上げてきたものを全て活用して「怖さ」よりも「ありがたさ」を感じてコロナ禍を乗り越えていきたいと思っています。

 

ご家族をはじめとした関係者の皆さまとは、この禍が落ち着いた時に、またゆっくりと接触や集まりを持てる機会が来ることを心待ちにしています。辛い我慢をした後の触れ合いや集まりは格別のものとなることと信じております。

(施設長 井川 卓)

 
ちょっと見て、絵画展
2020-03-08
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、様々な行事等が延期や中止されているなか、
くすのき園においては、ちょっとした絵画展が開催されております。
 
この絵画展ですが、
画伯、いや巨匠と言っても言い過ぎではない利用者の方が描いた作品をズラリと展示。
 
なかでも、Banksy(※1)のアートを模写した作品が人気を集めていました。
 
世間では、新型コロナウイルスに伴い不安になるようなニュースばかりが報道されておりますが、
職員のちょっとしたアイデアと、利用者さんの可能性が上手くコラボレーションした企画により、
くすのき園内において、ちょっとした明るい話題となりました。(白木)
 
 
※1 「バンクシー」イギリスを拠点とする匿名のストリートアーティスト
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
 
 

サービス内容

サービス内容
 
生活介護 定員:60名
常に介護が必要な方々に、主に昼間、入浴・排泄・食事等の介護を行うこと、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
 
利用者の特性や能力に合わせて、5つのグループにわかれて
 
・内職活動(エコひも、ウェットティッシュの封入、封筒の袋詰め、ねじとワッシャーの組み立て等)
・レクレーション(カラオケ体操、脳トレ、ハロウィン、クリスマス会等)
・体力づくり(運動場や施設周辺のウォーキング、空き缶つぶし)
・リハビリテーション(理学療法士による機能訓練)
・清掃活動(シーツ交換、窓ふき、ゴミ集め)
・その他、各利用者に合わせたワーク課題
 
に取り組んでいます。
この他利用者の生活を支えるためにサービス管理責任者、看護スタッフ、栄養士、理学療法士、生活支援員、その他多くのスタッフが連携しながら安心した時間を提供しています。
 
(写真ははばたき班の内職活動の様子です)
 
施設入所 定員:60名
 
主として夜間に、入浴・排泄・食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行います。
 
主に2人部屋になります。畳部屋のほか、利用者の身体機能に合わせてベッドや介護用ベッドを使用しています。また清潔な環境を保つために「クリーンデー」を設け、よりよい環境となるように努めています。
 
 
短期入所(ショートステイ) 定員:5名
疾病その他の理由により、居宅での介護が難しくなった方に、入浴・排泄及び食事の介護、その他の必要な支援を行います。
 
男性棟4部屋、女性棟1部屋、お部屋を用意しています。快適に利用していただくための空調・TV等の設備を整えています。
 
日中短期入所 定員6名
地域で生活している障がい者(児)の日中の活動の場を確保することを目的に利用者の受け入れをしています。
 
放課後から帰宅するまでの時間、日中活動の場、休日の過ごす場所等様々な利用の方法があり、幅広い年代の利用者がくすのき園を利用しています。
 

行事

行事
 

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1
 
qrcode.png
http://shahuku-wakabakai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
078551
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022