わかば共同作業所

 

施設外観

施設外観
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業体系・定員
わかば共同作業所では、2つの障害福祉サービスを展開しています。
 
■ 就労継続支援事業B型(定員15名)
一般企業で雇用されることが困難なひとに対して、働く場の提供や就労に必要な知識や能力の向上のための支援を行います。
 
■ 生活介護事業(定員15名)
常に介護を必要とする人に対して、食事や排せつの介助を行い、生産活動の機会の提供や創作的活動・機能訓練等を通じ、社会参加や自立を図ると共に、生きがいを高める支援を行います。
 
作業内容
■ クリーニング
27年7月からは、高齢者日常生活サービス事業により新居浜市内の要支援の方の
洗濯及び見守り支援を行なっています。
 
■ 菓子箱折り
お菓子メーカーから仕事をいただき、主に箱折りをしています。
 
■ パン作り
天然酵母、国内産小麦使用、無添加のこだわりの食パンや菓子パンを焼いています。
また、シフォンケーキやラスクも作っています。
なお、天然酵母は、昨年から白神こだま酵母、小麦は愛媛県内産小麦を使用しています。
 
■ 内職
業者から仕事をいただき、シーツたたみ、袋入れをしています。
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市船木甲741番地1
 
【電 話】0897-44-7025
【Fax】0897-44-7022
 

広報誌

広報誌
 
わかばトピック(NO.95)
第95号 ( 2022-08-08 ・ 316KB )
 
わかばトピック(NO.96)
第96号 ( 2022-08-08 ・ 259KB )
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
楽スポ
2021-12-22
北京オリンピックまであと50日をきり、連日ニュースでもちきりですが、作業所でも「負けられない戦い」がやってきました。
 
先日の土曜開所に、船木地区の「楽スポ」の方のご厚意で、船木小学校体育館でカーリングとボッチャを楽しみました。
毎年お世話になっていて、皆さん顔なじみで、競技も随分上達しました。
中には初参加の利用者さんもいましたが、ドコソラーレも顔負けのプレイが飛び出し大盛り上がりでした。
まさに楽しくスポーツ!!
充実した時間を過ごしました。
 
そのうえ、「楽スポ」の方から、全員に参加賞までいただきました。
 
作業所の都合により、バタバタと帰ってしまいましたが、楽スポの方々には準備から片付け、そして、体育館の掃除までしていただきました。
 
楽スポの皆さん、お世話になりました。
ありがとうございました。    
(池田)
 
 
 
「ゆるりカフェ」でランチ!!
2021-12-21
今年は毎年行っている忘年会から「お疲れ様会」と名称を変更し、数グループに分かれて外出行事を楽しみました。
まずは先発隊として松山県庁にある「ゆるりカフェ」でランチを楽しみました。
現在、ゆるりカフェさんではわかば会の作品の展示や販売が期間限定で行われています。
そのご縁もあり今回おじゃまさせて頂きました。
展示物はオシャレに飾られていて、ランチもおしゃれで美味しくて大満足でした。
天気が良くて城山公園の散策もして良いリフレッシュになりました。
(池田)
 
 
実習生が残してくれたもの・・・。
2021-12-20
毎年、わかば会の各事業所に県内外の学校から実習生がやってきます。
今回、わかば共同作業所に来ていただいた実習生。
 
毎朝、寒い中を自転車で通ってきて、利用者が来る前に事業所の玄関等の掃き掃除等をしてくれていました。
 
時間の経過は早いもので、あっという間に実習最終日。
 
わかば共同作業所では、実習生の送別会が行われていました。
送別会の様子を覗きに行った時、実習生から利用者、職員にサプライズなプレゼントが渡されていました。
 
それは・・・
 
ひとつひとつ手づくりされたサンタクロースの紙飾り。
 
ひとつひとつ色や表情が違っていて、
ひとつひとつが丁寧にラッピングされ、
thank youと書かれたシールとともに、
全てのサンタクロースから実習生の温かい想いを感じとれます。
 
実習中は、心身ともに緊張し毎日が本当に疲れたと思います。
そのような中、実習から帰宅してこのような素晴らしいプレゼントを作成してくれていた実習生。
 
実習生からプレゼントを配布する時、受け取った利用者と送り出される実習生の笑顔。
この光景に感動を覚え、また実習生が教えてくれたフレッシュな感覚をあらためて感じ、僕も実習生から手づくりのサンタをひとつもらいました。
 
実習生からもらったサンタクロースの紙飾り、思い思いの表情で各家庭にほっこりとした笑顔を産みだしてくれることでしょう。
 
送別会において実習生から利用者さんや職員に感謝の言葉を述べていましたが、実習中において何事にも真剣に望む姿等、
 
「学ばせていただいてありがとうございました!」
 
と、お礼を申し上げなければならないのは、
僕を含め現場の職員なのかもしれないと思いました。
(白木)
 
 
 

 
 

あゆみ

あゆみ
  1983年9月 作業所を作る親の会 わかば会 発足
  1987年4月 わかば共同福祉作業所(無認可)開所
  1994年4月 法人化に向けて学習会を始める
  1997年10月 社会福祉法人わかば会認可
  1997年11月 作業所新築工事着工(国・県・市補助事業)
  1998年7月 知的障害者通所授産施設 わかば共同作業所 開所
  2001年9月 作業棟新築工事竣工(競輪補助事業)
クリーニング機器・パン製造機器整備(競輪補助事業)
  2002年10月 地域療育等支援事業 生活支援センターわかば 開始
  2003年10月 グループホーム ひまわり寮 開所
  2006年10月 県委託事業 障害児(者)療育支援事業 地域生活支援センターわかば開始
新居浜市障害者等相談支援事業 受託 生活支援センターわかば開始
  2010年3月 生活介護室の増築工事竣工 (施設基盤整備事業)
  2011年3月 障害者自立支援法の施行に伴う新体系事業に移行。
障害福祉サービス事業所 多機能型 わかば共同作業所として生活介護事業及び就労継続支援B月事業をスタート
  2013年4月 ケアホーム こんぺいとう 開所
 

交通アクセス  新居浜市船木甲741番地1

交通アクセス  新居浜市船木甲741番地1
 
qrcode.png
http://shahuku-wakabakai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
090701
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022