法人本部

 

コロナウイルスに伴う感染拡大に関する通知

コロナウイルスに伴う感染拡大に関する通知
 
法人内の対応について Vol.6(1月9日付法人内事務連絡)
法人内の対応についてVol.6 ( 2021-01-09 ・ 428KB )
 
新型コロナウイルスに伴う注意喚起ポスター(法人内掲示用)
新型コロナウイルスに伴う注意喚起ポスター ( 2020-12-18 ・ 202KB )
 
わかば会で働く全職員の皆様へ
( 2021-01-09 ・ 307KB )
 
感染防止対策の徹底について(愛媛県通知)
( 2021-01-09 ・ 156KB )
 

法人内の主な予定

法人内の主な予定
フォーム
 
令和3年1月の主な予定
2020-12-31
■1/4    仕事始め(各通所事業所)
 
■1/13   さをり織り(わかば第2作業所)
 
■1/20~22 新人職員研修会(研修センター)
 
■1/24   第131回ゆる座
 
 
 
※ コロナウイルス感染状況により予定が変更することもあります。
     
 
 
 

新型コロナウイルス感染対策と対応について

新型コロナウイルス感染対策と対応について
 
新型コロナウイルスへの対応の徹底について(関係者および外部の皆様へ)
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、
厚生労働省の「社会福祉施設等における新型コロナウイルスへの対応の徹底について」
の通知を受け、わかば会の各事業所において以下の対応をし感染拡大防止に努めてまいりますので、
皆さま方におかれましては、ご理解とご協力をお願いいたします。
なお詳細については、各施設にご確認ください。

<面会・来園>
〇原則制限させていただいております。
〇但し、個々の事情に応じて面会および来園を要する場合は検温を行い、発熱等がある場合には施設内への立ち入りをお断りしています。

<通所サービス>
〇利用開始前または利用中に発熱が認められる場合等には、利用をお断り又は中止します。
〇同居するご家族等に体調不良者がいる場合にも、事情によりお断りする場合もあります。
 
〈短期入所・日中短期〉
〇当面の間、原則中止させていただきます。(但し、個々の事情に応じての出来る範囲での対応はさせていただきます。)

<その他>
〇研修および外部の複数の方をお招きして開催する行事や、他施設との交流事業は当面自粛します。
〇業者様からの物品納入等については、原則として施設外(玄関等)で受け渡しを行います。

※その他、国の方針等に基づき、施設内・職員の感染防止対策を厳重に実施しています。また、
新型コロナウイルスに係る対応については、状況が日々変化していることから、事業所での対応やご家庭での対応等を急にご連絡する場合が予想されます。随時連絡をさせていただきますので、ご理解とご協力をお願い致します。
 
※ 2020年4月3日更新
 
 
 
 
新型コロナウイルスに関する職員および学生への対応について

【コロナウイルスに伴う内定取り消し及び現在就職先が未定の学生への対応】

 

社会福祉法人わかば会では、新型コロナウイルスの影響により内定取り消し等を受けた2020年3月卒業見込みの学生の方への緊急対策として、まだ就職が決まっていない学生を対象に特別追加採用選考を実施いたします。
 
正規職員枠でも、来年度再就職を目指す方の期間限定非正規枠でもかまいません。
これまで福祉への関心がなかった方、福祉の知識がなくても、安心して働けるように法人内での教育システムがあります。
少しでも多くの方に福祉の仕事の魅力を感じていただけたらと思い追加採用選考を実施いたします。
 
 

【対  象】 20203月卒業の大学・短大・専門・高校の学生

 

【募集職種】 生活支援員・相談員・事務職
       ※採用予定時期2020年5月〜6月

 

【選考フロー】見学⇒書類選考 ⇒面接
       ※通常の選考フローと内容は異なります。

 

【応募期限】 令和2年5月16日(木)17:00まで 

 

【詳細内容】 http://shahuku-wakabakai.jp/publics/index/8/ (リンク先 職員採用)

 

 

 

 

 
新型コロナウイルスに伴う離職者への対応について

【新型コロナウイルスに伴う解雇および雇い止めの方への対応】

 

社会福祉法人わかば会では、新型コロナウイルスの影響により勤め先の経営が悪化して解雇されたり、雇い止めにあったりした人への緊急対策として、現在勤務先が決まっていないすべての方を対象に特別追加採用選考を実施いたします。
 
正規職員枠でも、一定期間の収入を確保するため目的の期間限定非正規枠でもかまいません。
これまで福祉への関心がなかった方、福祉の知識がなくても、安心して働けるように法人内での教育システムがあります。
少しでも多くの方に福祉の仕事の魅力を感じていただけたらと思い追加採用選考を実施いたします。
 
 

【対  象】 現在失業しているすべての方

 

【募集職種】 生活支援員・相談員・事務職
       ※採用予定時期2020年5月〜8月

 

【選考フロー】見学⇒書類選考 ⇒面接
       ※通常の選考フローと内容は異なります。

 

【応募期限】 令和2年6月30日(火)

 

【詳細内容】 http://shahuku-wakabakai.jp/publics/index/8/ (リンク先 職員採用)

 

★初めての方でも働きやすいように、段階的な研修で丁寧にご指導いたします。
★男性も女性も活躍している元気一杯の明るく働きやすい職場です!
★資格、経験は不問なので初めての方もお気軽にご応募ください。
 

 

 

 

 
新型コロナウイルスに関する法人内で勤務する職員への対応について
【法人内の職員への対応】
 
社会福祉法人わかば会では、新型コロナウイルスに伴う学校休校の対策として、法人内の子どもを持つ職員が特別休暇(有給扱い)を取れるようにしました。取得日数の上限も設けておりません。
子どもの面倒を見るために出勤が難しくなった法人内の全職員に特別休暇を適用し配慮しました。
 
また、法人内の就業規則では基本的に有給の時間休暇が制限内で与えられますが、特例措置の間は該当するすべての職員に時間休暇を認めます。
 
他の企業では在宅勤務やフレックス勤務の対象拡大や条件緩和などで対応しておりますが、福祉現場では、IT企業などに比べると在宅勤務は難しい状況等も考慮してわかば会では上記の特別措置を適用しております。
 
 
 
 
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
2020年を振り返って
2020-12-31

コロナ渦の一年。

いつもとは違う年末。

 

看護の名言に「当たり前の幸せ」という言葉があります。

 

人は当たり前のことが当たり前じゃなくなり、はじめて「当たり前の幸せ」に気づかされるという言葉で、今年はいろいろな意味で「当たり前」が幸せだと思い知らされた年でした。

 

英語でも、

If there were no clouds, we should not enjoy the sun.

という言葉があり、

直訳すると、

“雲がなければ、太陽の喜びはない”

となりますが、

いつもそこにある「当たり前」の有難さには気付きにくい。》

日常にありふれた何の変哲もないことに、感謝する人は少ない。》

《目の前から消えて初めて、その真価に気付いても遅い。》

という深い意味をもつ、世界の名言でもあります。

 

名言といえば、

「ついた餅より心持ち」

という言葉があります。

意味は、

《人にお餅をごちそうしてもらうことはありがたいですが、それ以上に心づくしがありがたいということ。》

モノ(物)よりも人の気持ち(心)がありがたいという、日本の美しい心をあらわしています。

 

法人内の各事業所もコロナの影響により、行事や研修等の年度計画を変更し対応した一年でした。

利用者にとって、いつもとは違う夏の行事、秋祭りの中止、そして忘年会。

 

でも、

「ついた餅より心持ち」

という言葉が様々な形として、法人内のあちらこちらで見えたような一年でもありました。

 

職員はコロナ渦において、日々忙しい業務の中でも、

「どうやったら利用者に喜んでもらえるか?」

と、常に利用者の満足度を追求し、工夫しながら様々な企画や代替行事を開催した一年でした。

 

分散化した夏祭り、室内絵画展、文化発表会、少人数での忘年会。

コロナ対策で工夫し開催したカラオケ。

 

当たり前が出来なくても、人(職員)の気持ち(利用者への心づくし)がある限り、利用者の満足度は変わらないと思えたような気がしましたし、利用者の笑顔がそれを映し出しているように感じました。

 

今年は、法人外部の方からも厳しいご意見をいただいた一年でした。

新規開設した事業所の利用定員の拡充、そして職員の確保にも苦労しました。

 

「未熟な組織には原点がある。教えられることが多い。」

という、僕が尊敬する野村監督の名言があります。

 

わかば会は、完成された法人からすれば未熟な点やご指摘を受けるような事が多いのですが、野村監督の言葉にあるように、原点はしっかりと全職員に浸透しているように思えます。

他から見れば不器用で未熟な組織(法人)ですが、職員は利用者の笑顔(満足度)のために邁進し、年末の今日現在も様々な形態で業務に就いています。

 

当たり前の職員集団。

この職員集団と一緒に業務ができる「喜び・幸せ」を感じながら、来年もこの当たり前を「感謝」できる思考、そして怒りや悲しみを許すことができる人としての器を持ちたいと思いました。

(白木)

 

 

 
令和2年度第2回評議員会が開催されました。
2020-09-26
令和2年度第2回評議員会を9/26(金)に開催しました。
 
法人内の相談支援事業においての再編成、および事業所移転計画案についてを議題とし、原案のとおり決定・承認されました。
 
また、法人内での案件の報告が行われ、質疑応答や意見交換が活発に行われました。
 
今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、理事会および定時評議員会は書面決議の手続きを執りました。
 
そのような中、久しぶりに法人の評議員、監事、理事、顧問会計士が顔を会わせる場となった今回の評議員会、
出席した評議員の皆様、公認会計士の先生や法人監事の方から法人運営および職員育成について、様々な角度からのご意見をいただいた貴重な会議の場となりました。
(法人本部 白木)
 
 
 
 
 
第三回理事会を開催しました
2020-03-19
令和元年度第三回理事会を3/16(月)に開催しました。
 
理事会では、
各事業所の最終補正予算、来年度の事業計画、
当初予算案について4件の議案が審議されました。
 
協議の中で、入所部門の建て替えを含めた具体的な中期計画の立案、
相談部門の再編成、
希望者すべてが入居できるようグループホーム等の生活の場についての計画、
そして、支援の質を維持・継続していくために職員の確保や研修体制について協議しました。
 
全ての議案が承認され、会計士の先生や監事の方から、
他法人で起きた事案から、福祉に携わる職員としての倫理についてお話をいただきました。
(法人本部 白木)
 
 
 
 
 
わかば会20年を祝う会
2018-12-12
法人認可20周年記念行事として、12/1に「わかば会20年を祝う会」を行いました。
 
当日は、法人内の利用者、ご家族、職員および関係者約200人が参加し、
歌や踊り、そしてスライドを使って、わかば会の歴史を振り返りました。
 
また、利用者個々の夢や願い等が書かれたものを、木にみたてた創作物に貼りつけ、
最終的に葉が生い茂った一本の大きな「木」となりました。
 
当日お越しいただいた皆々様、そしてステージを盛り上げてくれた出演者の皆様、
本当にありがとうございました。
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022