[en]

 

施設外観

施設外観
 

事業所紹介

事業所紹介
 
サービス内容
■ 生活介護 20名(予定)
 
生活介護事業所「en」について
【対象者】
地域や入所施設において、安定した生活を営むため、常時介護等の支援が必要な方で次に該当する方
 
①障害支援区分が区分3(障害者支援施設に入所する場合は区分4)以上
②年齢が50歳以上の場合は、障害支援区分が区分2(障害者支援施設に入所する場合は区分3)以上
③障害者支援施設に入所する方であって、障害支援区分が区分4(50歳以上の場合は区分3)より低い方のうち、指定特定相談支援事業者によるサービス等利用計画案の作成の手続きを経た上で、市区町村が利用の組み合わせの必要性を認めた方
 
※③の方のうち以下の方については、原則、平成24年4月以降の支給決定の更新時にサービス等利用計画案の作成を行なった上で、引き続き生活介護を利用することができます。
・法の施行時の身体・知的の旧法施設(通所施設も含む)の利用者(特定旧法受給者)
・法の施行時に旧法施設に入所し、継続して入所している方
・平成24年4月の児童福祉法改正の施行の際に障害児施設(指定医療機関を含む)に入所している方
 
 
【サービス内容】
主に昼間において、次のようなサービスを行います。
 ・食事等の介助
 ・生活等に関する相談、助言
 ・その他日常生活上の支援
 ・創作(文化・芸術)的活動、生産活動の機会の提供
 ・身体機能や生活能力の向上のために必要な援助
 
 
【利用料】
 18歳以上の場合は利用者とその配偶者の所得、18歳未満の場合は児童を監護する保護者の属する世帯(住民基本台帳上の世帯)の所得に応じた自己負担の上限月額があります。ただし、上限月額よりもサービスに係る費用の1割の金額の方が低い場合には、その金額を支払います。その他に、食費などについての実費負担があります。
 
 
 
所在地・連絡先
 
◆連絡先
 愛媛県新居浜市岸の上町1丁目14-37
 【電 話】0897-47-6606
 
 
 

「en]からのお知らせ

「en]からのお知らせ
 
「en」新規開設パンフレット
パンフレット ( 2019-10-02 ・ 253KB )
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
[en]の職人にインタビューしてen?」のコーナー ~Vol.1~
2020-05-27

Made in [en]の商品である

「はさんじゃうぜ」。

 

木製クリップという小さなキャンバスに描かれる独自性を持ったデザインが見る人の心を高揚させ、時に優しく、時に動揺すらさせる瞬間を私たちにもたらせてくれる。

「はさむ」という行為は「はさめるもの」があってこそ成立する。

そんな「はさめるもの」の小さな世界観をひたすら探求し、創作し続ける木製クリップ職人の高辻みどりさんにフォーカスを当て7つの質問をしてみた。

 

Q1:職人さんは何を作っている人なの?

1:むふっ…「はさんじゃうぜ」という商品を作っています。

 

Q2:「はさんじゃうぜ」とは、どういったモノなの?

2:挟むものです(笑) 木製クリップアートですね。

 

Q3:もともと木製クリップアートはしていたの?

3:いや、したことないです。[en]に来て初めてしました。

 

Q4:多彩なデザインはどのように考えているの?

4:インターネットで調べてクリップに使えそうな柄を見つけたり、寝る前なんかはデザインのことを考えていますね。

 

Q5:職人としてのこだわりを聞かせてください。

5:クリップの側面を塗るのは気を付けて塗っていますね。

 

Q6:苦労するポイントとアピールポイントをそれぞれお聞かせください。

6:苦労しているのはやっぱりデザインですかね。アピールポイントは季節に応じた柄を入れています。なので、商品を見た人はその柄を楽しみにしていてください。それとマニキュアを使って描いています。お家で不要になったマニキュアを募集しています。みなさん譲っていただけませんか?

 

Q7:最後にあなたにとって「はさんじゃうぜ」とは?

A7:趣味を超えて、楽しすぎてしまうモノですかね・・・(笑)

 

 

我々スタッフは、木製アートクリップ職人「高辻みどり」の直向きな姿勢と強いこだわり、一人で戦う苦悩を垣間見ることができた。

 
Made in [en] Product No.1 「はさんじゃうぜ」
2020-05-23

Made in [en]の商品をご紹介致します。

 

まず、初めにご紹介するのはこれ!!

木製アートクリップ「はさんじゃうぜ」です。

 

シンプルな木製のクリップに彩り鮮やかなカラーリングでアートを施しております。

この商品のポイントは同じデザインはなく、飽きのこないように職人が工夫してくれています。

手に取っていただくと一つひとつ丁寧に塗り、ハンドメイドならではの温かい質感を感じていただけるかと思います。

そこで、みなさんの口からこぼれる一言…「これ、カワイイ!!」 そうなんです!!カワイイんです!!(笑)

 

テーマは、「あなたの日常に潜んでいるいろんなモノ、はさんでみませんか?」

そんな「はさんじゃうぜ」は、絶賛発売中です。

よろしくお願い致します。

 

次回は、「はさんじゃうぜ」を製作されている職人のインタビューをお送り致します。

To be continued…(武井)

 

 

 

 

 

 
Made in [en] Now on sale!!
2020-05-20

新型コロナが猛威を振るうなか、あまり良いニュースがないですね。

 

…が、しかし!! 

 

…が、しかし!!

 

みなさま、お待たせ致しました。

以前からお知らせしていたMade in [en]の商品ですが、販売できる数量の製作ができたため販売開始致します。

販売場所は、政枝町にある「就業・生活支援センター エール」にブースを設けて販売しております。

 

納品に行った時の写真をお届けしますね。

商品を作ってくれているメンバーも嬉しそうな表情を見せてくれました。

このスマイルをさらにグッドスマイルにするためには…もうこりゃ、みなさんに買っていただくしかありませんね!!(笑)

また、各商品のご案内は職人のインタビューを添えて順に発表したいと思います。

 

このホームページを見てくれているみなさん。

Made in [en]… Check it outです!!

(武井)

 

 

 

 
Made in [e n]からの最新NEWS
2020-04-23
以前にお知らせ致しましたMade in 〚en〛の進捗状況をお届けします。
 
まだまだ、全貌をお見せすることはできませんが、
 
最新情報をほんの少しだけ…
 
●Made in 〚en〛とは? ◆
 
Made in 〚en〛は、創作活動内で作られる「モノ」を様々な形で発信するプロジェクト。
 
●コンセプト ◆
 
私が作るモノ…それがMade in 〚en〛
 
あなたが使うモノ…それはMade in 〚en〛
 
私とあなたがつながるモノ…それもMade in 〚en〛
 
…ということで、活動内で作られるモノを販売し、みなさんとの関りを深める機会を作っていきたいと思います。
 
どんなモノが作られているかは乞うご期待です!!
 
一部だけ写真でお見せしますね。
それでは、ごきげんよう。
(武井)
 
 
 
 
ドライブdeお花見
2020-04-10

新型コロナウイルス感染拡大に伴い日常生活にも影響が出ており、大変な状況の方もいらっしゃると思います。

 

私ども〚en〛も例外ではなく、これからも気を抜かず感染予防に努めて参ります。

 

本来であれば、満開の桜の木の下で「お花見」をしたかったのですが、車の中から桜を見る「ドライブdeお花見」を行いました。

 

唯一、1枚だけ撮った黒島公園での集合写真をご紹介します。

 

集合写真に写ることができなかったスタッフ2名も欠席枠で載せさせていただきました。(笑)

 

お昼ご飯は〚en〛に帰って、お花見弁当を食べました。

…が、しかし!!

「もっとお弁当のグレードを上げて欲しい」

とメンバーの方からありがたい意見をいただきました。

なので来年のお花見こそは!!

満開の桜の木の下で豪華お弁当に舌鼓したいと思います。

(武井)

 

 

 

 

 

1
 

交通アクセス  新居浜市船木甲下長野2114

交通アクセス  新居浜市船木甲下長野2114
 
交通アクセス 
(所在地)愛媛県新居浜市岸の上町1丁目14-37
 
※新居浜バイパスを国領川に向けて走り、3つ目の信号を左折し、泉川小学校東側交差点を右折
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022