先輩職員の声!

 

わかば会で働くスタッフに質問してみました!

わかば会で働くスタッフに質問してみました!
 
坂上 玲子さん 【所属】障がい者就業・生活支援センターエール 【職種】相談員

 Q.この仕事を選んだきっかけは?

 地域での支援については全くもって未知の世界でしたが、募集内容のメッセージが素晴らしかったです。

 

 

Q.現在の仕事内容について教えてください。

 障がい等を抱えている方の企業で働きたい、すでに働いている方の支援、生活に関する支援です。

様々な生活背景の中で就労を勧めていったり、職場定着支援に入ります。その都度企業、関係機関、家族と相談内容に応じ、調整していきます。具体的には、一緒にハローワークに行き求人を探す、仕事が決まれば、実際に職場の方に作業を教わりながら、作業のポイントをご本人と確認する等。生活支援では衣食住の困りごとについて知り得るだけの知識を駆使して相談者と考え、適切な機関に繋いでいきます。とにかく毎日が勉強です。

 

 

Q.仕事において心がけていることや決めていることはありますか?

 とにかく気になることは調べる、諦めない。 何事にも「ありがとう」を思うようにする

 

 

Q.この仕事の好きなところを教えてください。

 相談をした方が、誇りをもっていきいきと仕事をしている姿を見ることとにかくたくさんの方と出会えること様々な企業の仕事の成り立ちを教えて頂けることもまたこの仕事の魅力の一つです。

 

Q.この仕事について一番印象に残っていることは何ですか?

 働く、生活という支援を通じて、社会の一員として自分自身も役割を担っていると改めて実感します。いつも大切なことを教わります。

 自身も1の母親です。小さい頃からのお手伝いや生活スキルを身につける。働く、生きていく上で大事なことのように思います。出来ないと決めてしまわずに、失敗しても挑戦させてみるという親、周囲の関わる者の勇気も必要なのだと感じています。

 

 

 

 
石井 有希子さん 【所属】くすのき園 【職種】生活支援員
Q.この仕事を選んだきっかけは?
 中学生の時、障がい者入所施設への慰問活動がきっかけです。
大学では法文学部に通っていましたが、一般企業への就職活動をしていくなかで
「どういう自分でいたいかなぁ、本当にやりたいことは何かなぁ」
とたくさん悩んだ結果、こうなりました。
 
Q.業務内容について教えてください?
 利用者さんの生活支援全般です。
皆さんが少しでも安心して暮らすことができるよう、より豊かで心地よい場所を作ることがわたしたちの仕事です。…ですが、こちらが支援をしているようで、実は利用者の皆さんに支えられている毎日です。失敗しては励まされ、転んでは引き起こしてもらう日々がもう10年以上続いています。
 
Q.趣味や休日の過ごし方は?
 夫・娘・柴犬3頭と一緒に暮らしていて、家にいるのが大好きです。わんこ達のふわふわの毛や、やわらかな肉球に日々心癒されています。わたしにとって自宅の持つ力は絶大です。
 くすのき園も、生活の場としてそういった存在でなければなりませんが、とても難しいことだと葛藤の日々です。
 
Q.仕事において心掛けていることは何ですか?
 それぞれの個性を持った、たくさんの利用者さんと向き合う仕事です。うまくいかないことも多いのですが、できるだけ前向きでいたいと思っています。あきらめず、放り出さず、ほどほどの情熱とともに在りたいです。
 
Q.成功談・失敗談を教えてください。
 色んな意味でよく転んでいます…。身体を動かすことの多い仕事です。楽しい反面、運動神経がいまひとつのわたしはしょっちゅう転んで青あざを作ったりお風呂に滑り落ちたりして、利用者さんに「おっちょこちょいのちょいちょいじゃね~」と心配されることもしばしば…。
 気持ちが転んでケガをしてしまったときも、助けてくれるのはふとした利用者さんの笑顔だったり言葉だったりします。穏やかな表情を見せてくれる、優しいひとことをかけてくれる、そんな関係を築けていることは成功していることのひとつだと思ってもいいかな?と思います。
 
 
 
 
松木 華代さん 【所属】生活支援センターわかば 【職種】相談員
Q.この仕事を選んだ理由を教えてください。
 前職は准看護師、介護職では通所介護、訪問介護等に従事しておりました。新居浜市の広報で「相談支援専門委員」の募  
集があり、以前より障害福祉サービス業務に就きたいと思っており面接を受けました。前職経験を活かし新たな事にチャレンジしたいと思い40代半ばでの挑戦となりました。
 
Q.現在の仕事内容を教えて下さい。
 障がいや生活上の困難さがある児童や大人の方が、障害福祉サービスの利用をされる際に各種サービスの中からどのように利用していくかを、ご本人や家族、支援を行う関係機関等の調整を図り計画を立て、サービス利用開始後も、一緒に計画のすすみ具合や生活の変化をふりかえり次の新たな計画へ繋げて行く仕事をしています。
 
Q.仕事において心掛けていることはなんですか? 
 ①計画を立てる際に、一番大切にしている事は、「本人が主人公」である事。
  ニーズに基づいた本人中心の支援が受けられるよう、本人の声をしっかり聞くようにしています。
 ②本人の強み、いい所を引き出し、楽しみを広げる。
 ③相談員として、あたたかいハートを持ち合わせつつ、冷静な判断が出来るよう心がけています。
 
Q.雰囲気・魅力・余暇 職場の雰囲気を教えて下さい。
 職場に雰囲気は、大変頼りになるベテラン相談支援専門員男性1名ご本人の心に寄り添いながら計画相談を担当させて頂いている相談支援専門員女性2名実務を行う際には、相談員は中立の立場で全体をみる重要性が大きくあり、計画を勧めて行く際の方向性、着地点が正しいのか悩む場面が多くありますが、職場内では協力が得られる環境で働く頃ができる職場です。
 
Q.記憶に残るエピソードは?
 40代半ばで相談支援専門員として、初チャレンジの入社間もない頃に出会った方が、私を成長させてくれました。振り返ると、ご本人と共に暮らしを支える事に向き合いながらご本人の願いが叶った時の「笑顔」が最高に嬉しかった。あの笑顔は、私の心の中に一番残っています。
 
 
 
 
大江 真輔さん 【所属】生活支援センターわかば 【職種】相談員
Q.やりがいを感じたエピソードやこの仕事の魅力を教えてください?
 トラブルや困難を抱えていた方が、様々な方々の協力を得ながら、徐々に自分らしい生活を作っていかれ、安定した生活が実感できたことで、表情も明るくなり、自分自身を取り戻され、ご自身の生活を謳歌されている姿が見られた時です。
 この仕事の魅力は、長く活動していると、地域の知り合いと名刺がおそらく普通に生活している以上に増えることでしょうか。また関係性の遠近は人それぞれですが、他人様の人生を左右するような出来事に出逢えたり、その方の成長や変化を一緒に追わせてもらえること。そしてそのことで様々な学びが得られることです。
日常的には、関係性ができてきた皆さんと、世間話や趣味話をすることもできて、それも魅力でしょうか。
 
Q.成功談、失敗談を教えてください?
10年もやっていると、小さなことから大きなことまで数えきれないくらいたくさんあります。その時々によって成功と言えることも失敗と言えることもありますが、相談者との距離感をほどよく保ちながら、必要に応じた支援ができる関係性があることは、総じてお役に立てている(成功?)のではないかと思います。
 
Q.この仕事についてうれしかったこと、つらかったことは何ですか?
 うれしかったことは、支援の結果、感謝の気持ちを伝えてもらえたこと。そしてもうひとつ、相談者がご自身の生活を謳歌されている姿が見られた時です。
 つらかったことは、相談者がお亡くなりになることです。
 
Q.この仕事について一番印象に残っていること
 それまで縁もゆかりもなかった新居浜へやって来てこの仕事に就き、右も左も仕事の仕方も全く分からなかった時に依頼を受けた一番最初の相談者(60歳男性)への手探りの支援の日々の記憶です。入所施設から一人暮らし生活への支援を行ったのですが、サービス利用を徹底拒否される方でしたので、今考えるとオーダーメイド支援の連続でした。今はその方はお亡くなりになりましたが、その後の親類の方へのお手伝いもさせて頂きました。今も彼が好きだったジャイアンツのキャップはうちのセンターに置いてあります。
 
Q.学生時代の経験で今の仕事に役立っていることを教えてください
 私が卒業した大学は私が第一期生でしたので、部活動や学祭など様々な活動やイベントを作っていく経験を卒業までの4年間してきました。その中でのモノづくりや活動作りの経験、イベント実施に係る渉外や人繰りの経験があったからかもしれませんが、何かを創造的にすることへの心の引っかかりは少ないと思います。
 
Q.就職活動されている皆さんへのメッセージ
 成功も失敗も、あなたの経験はあなたを確実に成長させます。そして世の中は想像以上に広く奥深いです。
「自分の仕事」はすぐに見つけなくてもいいし、見つからなくてもいい。いろんな世界へ飛び込んで、いろんな仕事を実際に経験して、あなたの見識を広めてもらいたい。
そして「自分の仕事」と言えるものが見つかれば、これまで培ってきた経験をもとに、あなた自身の言葉で行動で表現し実行してもらいたいと思います。
 
 
 
 
黒川 泰寛さん 【所属】くすのき園 【職種】生活支援員
Q.この仕事を選んだきっかけを教えてください?
 家族が福祉の仕事をしていて、福祉に興味がありました。大学4回生の時に現法人の「わかば共同作業所」でボランティア  をさせてもらう機会があり、職員と利用者が、楽しく・いきいきと活動されている姿を直に肌で感じ、とてもやりがいがあると思いました。
 
Q.現在の仕事内容を教えてください?
 くすのき園では「生活班」「はばたき班」「あすなろ班」「やまびこ班」「つばさ班」の5つの班があり、私は「あすなろ班」「やまびこ班」の主任生活支援員をしています。利用者の方と日々、楽しく活動しています。
 
 
Q.仕事において心がけていることや決めていることはありますか?
 私は利用者の方への「あいさつ」を心がけ、変わった様子はないか等、把握できるよう努めています。
 
Q.先輩職員のとある1日(休日の時の過ごし方)
 
2007年に結婚し、現在は4人の子どもの父親として子育てに奮闘しています!
 
7時起床 ⇒8時30分 子どもを幼稚園へ送る ⇒ 10時 奥さんと買い物
⇒12時 昼食 ⇒ 14時 幼稚園に子どもを迎えに行く ⇒15時 子どもと遊ぶ 
⇒18時 小学生のお兄ちゃんの習い事のため送迎 ⇒ 19時 家族と夕食 
⇒20時~22時 趣味のレクバレーに参加 ⇒ 23時~ 就寝
 
 
Q.この仕事についてうれしかったこと、つらかったことは何ですか?
(うれしかったこと)
 4月にくすのき園に異動で10年振りに戻ってきたのですが、利用者のみなさんに覚えてもらってたことが特にうれしかったです。
(つらかったこと)
 人生いろいろですが、利用者の方とのお別れはつらかったです。
 
 
 
 
 
 
中村 奈保美さん 【所属】くすのき園 【職種】事務(兼)支援員
Q.この仕事を選んだきっかけを教えてください。
 前職は保育士をしていました。違う仕事についてみたいと思い、職安で「事務職」で探し、くすのき園を見つけました。
 
Q.現在の仕事内容を教えてください。
 くすのき園で事務員兼支援員をしています。研修センターでは事務的な手続きをしたり、資料をまとめたり、裏方の仕事をしています。どちらでも『縁の下の力持ち』になれるよう努めています。
 
Q.仕事において心掛けていることや決めていることはありますか?
 朝、利用者全員に『おはよう』と声をかけています。人によって挨拶の仕方が変わっていて、それをマスターしていきたいです。朝はちょっとしたニューヨーカーみたいになります。
 
Q.先輩職員のとある一日
 友達とUSJに行きました。
ハロウィンの時期だったので、スタバ風コスプレをして、朝から晩まで楽しんできました♪
 
Q.成功談、失敗談を教えてください。
 入職したての頃は、電話の取り方もままならず、先方に大変ご迷惑をおかけすることも多々…しかし、場数をこなすことで対応も慣れてきて、先日上司が「電話対応うまくなったね~。」と褒めてくれました。
 
 
 
 
井出 寿男さん 【所属】障がい者就業・生活支援センターエール 【職種】相談員

Q.この仕事を選んだきっかけについて

 私の場合、親の介護で新居浜に帰ってきました。前の会社を退職しハローワークで仕事を探していたところ、福祉の仕事を勧められたのがきっかけです。

 

Q.現在の仕事の内容

 障がい者就業・生活支援センターという言葉を聞いたことはありませんか。「ナカポツセンター」とも呼ばれ、障がいのある方の就労を目的として、就業面と生活面の両面から支援していく仕事です。例えば、利用者と一緒にハローワークや企業へ行き、担当者とのあいだでうまく伝えることができない部分をフォローしています。また、障がい者手帳の申請や障がい年金の手続きなども支援しています。

 

Q.この仕事を通して学んだこと

障がいのある方の気持ちに寄り添うこと、また障がいのある方がご自身で決めていけるよう支援していくということです。

 

Q.職場の雰囲気は?

 職場は人生経験豊かな男性3名、女性4名からなります。

とてもアットホームな雰囲気ですが、優しさの中にも厳しさがあり、良い緊張感をもって毎日、忙しく動きまわっています。

 

Q.就職活動されている皆さんへのメッセージ

 人にはそれぞれ個性があります。自分に合う仕事があれば、合わない仕事もあると思います。自分に相応しい仕事を見つけるためには、自分を知ることが大切だと思います。

 例えば、自分の得意なこと、不得意なこと、あるいはやりたいこと、やりたくないことなど、まず自分を知るところから始めてみてはいかがでしょうか。その上で、福祉分野への就職をご希望の方は是非、当わかば会を尋ねて来てください。お待ちしております。

 

 

 

 

職員トピックス!

職員トピックス!
フォーム
 
母校の就職相談会に参加して
2019-06-18

615日に行われた、聖カタリナ大学福祉就職相談会にくすのき園生活支援員の藤田大智さんと参加しました。

藤田さんとは3年前のこの就職説明会で初めて出会い、その後わかば会に就職してくれました。

今回、藤田さんの立場から学生に福祉職やわかば会の魅力を説明してもらいました。

 

3年前は藤田さんが私と話をしながらすごく緊張していたことを思い出しました。

そして、あれから3年が経ち、今回は自分で作ったパワーポイントの資料で学生の表情をうかがいながら説明している姿を見て、またこの2年余りでの職場での彼の成長している姿を思い、お互いにわかば会に就職したことが良かったと思える1日となりました。

 

このような機会を提供して下さった先生方、またわかば会のブースに足を運んで下さった学生の皆さん、ありがとうございました。

(井川卓)

 
 
※同校の卒業生である藤田さんが、法人(事業所)の説明者として参加しました。相談会に参加した藤田さんの感想です。
 
 ◆藤田 大智さん 【聖カタリナ大学卒業:H29採用】【所属】くすのき園 【職種】生活支援員
 
 聖カタリナ大学にて大学2年生から4年生までの学生に向けて就職説明を行いました。
 
 ブースを訪れる学生のほとんどが社会福祉学科所属で、福祉職への関心が高いように感じました。学生の多くは、障がい者・高齢者、地域・医療等多くある福祉の分野のイメージが付かず迷っていました。一方で、いろんな場所で意見を聞いて知っていきたいという前向きな意見も多くありました。
 そこで、①くすのき園での利用者に合わせた配慮、季節の行事の紹介、わかば会の理念について説明しました。また、困りごとやできない事を助けるだけでなく職員の声や実際の働き方を紹介しながら、利用者の思いを感じ共に歩める人であればいろんな考えや境遇の職員が居る事を紹介しました。
 
 今回、説明会に参加して、学生の目線にたち、関心を引きながらプレゼンをすることのむずかしさを感じ本当に知りたいことが話せているのか不安になることもありました。しかし、ボランティアに来てみたいと言ってくれた方もいて、すこしでも「くすのき園」に良さを感じてもらえたのが良かったです。
 掲示物や準備物、機材のトラブルなどあったが、一つの学びとして、来年度への課題として、またくすのき園の誇れる箇所を多く見つけながら、日々の勤務に取り組んでいきたいと思います。
 
 
 
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022