障がい者支援施設くすのき園

 

施設外観

施設外観
 

あいさつ

あいさつ
 
くすのき園は平成6年に知的障害者入所更生施設 新居浜市立くすのき園として開設されました。平成16年からの10年間の指定管理者期間を経て、平成26年より新居浜市からわかば会に全面移管されました。
入所施設ではありますが、ショートステイやデイサービス(生活介護)事業も行っており、多くの地域の障がいのある方々にも利用して頂いております。また入所されている方たちにも、ご要望に応じて日中は法人内外の事業所等に出かけて行ってもらっています。幅広い年齢層の利用者の方たちが約70名の職員と一緒に協力して、「利用者が主人公」の法人理念のもとに、内にも外にも開かれた施設運営に取り組んでいます。
 
 

大切にしていること

大切にしていること
 
『共に』
支援や介助は必要な人に必要な時に提供するようにします。職員は常に利用者の方たちにとっての支援者でいる必要はなく、共に楽しみ、共に苦労し、共に考えて、共に過ごし、共に行動するようにします。
 
『個別支援』
生まれも育ちも性格も特性もひとり一人異なる利用者の方たちの、過去・現在・未来のストーリーを共有しながら、日々の関わりや活動の中で継続的に理解できるように努めて、ありとあらゆる環境を活用しながら、ご本人が必要な支援を本人の立場になって推測して、ひとり一人の可能性を拡げるための行動を職員はとっていけるように努力します。
 
『連携』
ご利用者やご家族、くすのき園内外、さらには地域の様々な関係者とも協力して、法人理念である「利用者が主人公」を実現できるようにするために、対話を重ねて、利己ではなく利他の心を持って、チームで物事を進めていけるように努力します。
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業内容
■生活介護   定員60人
■施設入所支援 定員60人
■短期入所(併設型)
■日中一時
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市萩生1834番地1
 
【電 話】0897-41-6361
【Fax】0897-40-2191
 

ご案内

ご案内
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
feel nature~自然を感じる
2021-04-30
 
「自然はやさしくほほえむ母のように、我々の夢を安らかに守ってくれて、空想を楽しませてくれる。」
 
という、フランスの詩人ヴィクトル・ユーゴーの言葉があります。
 
先日、雑草や木の確認をしながら、
「くすのき園」
の敷地内を歩いていました。
 
活き活きとした緑、
澄み渡る青い空。
 
山の緑と空の蒼が、いつもより近くに感じるような気持ちの良い天候。
 
そこにくすのき園長の井川さんがやってきて、
「新緑のこの季節、そして、この場所からの景観が好きです。」
と、景色を見ながら語りました。
 
僕が福祉の職に就いて間もない頃、(20年以上前?)
「施設が辺鄙な場所ばかりにあるのはおかしい。」
「障がい者施設は、市内の中心部に建設すべきだ。」
と、言っていたのを思い出しました。
 
市内から離れていても、自然の美しさに囲まれた環境、
目・耳・鼻、そして肌で自然を感じることのできる環境にある「くすのき園」。
 
時間に追われる毎日が続いていますが、少しのゆとりを持つことで見えてくる素晴らしい景色。
 
雲一つない空の中、
太陽が南に昇った頃、
コロナ渦で、休憩中の食事場所を分散している中、
何人かの職員が広場のベンチに座り、
澄み切った青い空の下で昼食を食べていました。
 
わたしたちの多くは大人になるまえに、
澄みきった洞察力、
美しいもの、
畏敬すべきものへの直感力をにぶらせ、
あるときはまったく失ってしまいます。
 
「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない。
 
自然を通して何かに出会い、
それに対して強く感じるとき、
その先に確固たる知識や知恵が生まれ、
生き生きとした精神力が生まれる。(注1)
 
目の前にあるこの素晴らしい景色の中から、
レイチェル・カーソンのメッセージが聞こえてくるようなひとときでした。
 
(白木)
 
 
注1)「センス・オブ・ワンダー」
レイチェル・L・カーソン /著

 
 
それぞれのバレンタイン♡ ~日頃の感謝をチョコに込めて贈ります☆~
2021-02-21

こんにちは!!

 

チョコレートの季節が来ました。

いや、

世の男性にはお待ちかねの季節と言っても過言ではないでしょうか!!

バレンタインの季節がやってきました。

 

その起源は、

キリスト教・聖人「聖ヴァレンタイン」の殉教日だったとされています。

バレンタインの名前は人名だったと知った時とても驚きました。

 

西洋では、バレンタインは恋人・お世話になった人にお花やカードを贈ることが多いようです。

しかし日本では、

神戸の洋菓子店「モロゾフ」が「バレンタインデーにチョコレートを」と新聞広告を掲載し、これが日本式のバレンタインの文化を広めたきっかけとなっています。

こう考えると歴史があり面白いですね(^^)/

 

さてさて、くすのき園でもバレンタインデーを行います。

利用者から利用者へ、

利用者から職員へ

と、贈る相手はいろいろです。

 

当日、「あげたいものあるから来て!」

と誘われるものから、

「~日にあげたいものあるから来て」

と誘われるものもあり、まさに青春!!

その時間に大きなロマンスを感じます(⌒∇⌒)

 

ちなみに筆者のくすのきバレンタインの様子を少し紹介すると、ある利用者からは、

「いつもありがとう」

との一言が!!

中には、メッセージで「初めてチョコをわたします」と直筆のメッセージが・・・

「~さんのことよろしく(⌒∇⌒)

とエールまで書かれていました。

また、ある利用者からは、

「絶対に一人で食べてね!」

と有難い言葉を頂きました。

 

今年一年、利用者の方も自分たちをよく見てくれているのだと感じ、とても感慨深いものでした。

また、他の皆さんを見てもそれぞれのストーリーがあり、共通して笑顔がありました。

 

日本式のチョコを送る文化と、西洋のお世話になった人への感謝の贈り物・・・

和洋折衷の良い文化がくすのきの中にもありました。

 

みなさん、今回は更新がすこしばかり遅くなりました。申し訳ございません

日々の毎日のチョコっとした幸せと、ほっこり暖かい時間を心から願い、バレンタインのように大切なひとお世話になっている人へ感謝を忘れず、また記事を書いていきますね!!

今日はこの辺で(o^^o)ニコ

(藤田)

 

 

 

 
くすのき園のページをリニューアルしました!
2021-01-31

こんにちは!

あ、まずは新年あけましておめでとうございます。

たいへんご挨拶が遅くなりましたが本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

タイトルにもあるように、くすのき園のページのリニューアルをさせていただきました。この更新にあたり、果たしてどんなことをお伝えしたらいいかとても考えました。そのためには、改めてくすのき園の活動内容や、設備等をあらためてリサーチしました。もちろん、くすのき園は私一人で運営しているわけではないので、例えばバイキングのことは栄養士さんに、音楽会のことは音楽リーダーに・・・と色んな人の素敵な思いを言葉に表していきました。

先日、最後のチェックをしながら無事完成出来ました。

 

コロナ禍でつながりがとても希薄といわれ、くすのき園も感染症対策から、外部とのつながりを閉じてしまっている現状です。

とてもさみしい状況にはありますが、つながりが途絶えてしまったわけではありません。

 

なんだろう、少し言い方を変換すると、小休止状態なのか、充電期間・・・

いろんな言葉が当てはまりそうです。

 

そして、きっとこのHPを閲覧していただき、新たなつながりが芽生える事もあるでしょう!

(きっと!!!)

 

今年も、様々なお話しを皆様と共有できるように、皆様の心のどこかに残るような情報を書いていきたいと思います。

 

改めまして本年もくすのき園をどうぞよろしくお願いします!

(藤田)

 

 

 
「行事から思うこと~2020という年を振り返って~」
2020-12-29
2020年、年の瀬ですね。
くすのき園も無事仕事納めです。
 
今年一年を皆さんはどう捉え、表現をするでしょうか???
「コロナ」
という強大な敵をまえに、あらゆるものが変化を余儀なくされ、あらゆる考え方が変化を迫られることもあるのではないでしょうか。
実際、くすのき園も、制限をされることが多くあり、目にはみえない、大きな生きづらさ、ストレスを抱えていた事でしょう。ほんとうにつらい事が多くあったと答える人も多いでしょう。
 
しかしながら、私はそれ以上に新たなチャレンジや、取り組み、表現の方法が次々と現れた年ではなかったかと思います。
 
忘年会を例に少し紹介すると・・・
 
例年は大きな会場を借り切っての大規模な忘年会!
今年は、感染症対策の為にも実現は不可能かと思いました。しかし、知恵を出し合い、小規模で開催することが出来ました。
 
職員・利用者
【一丸】
となって、会場の飾りつけを行い、素敵な会場づくりが実現しました。
 
また、今回の忘年会ではいつもあまり目にすることない料理を取り揃えた忘年会特別メニューを提供する事ができました。
とくに
「大きなチキン」
はかぶりつくのも大変!!!
で一生懸命になって食べる事ができました。
 
余韻からか、終わっても骨を離さない利用者が居る程でした。
美味しい食事を提供できて本当良かったです(笑)
これもまた今年ならではないでしょうか?!
 
余興においては利用者を巻き込んで各班趣向を凝らしたプログラムが用意されました。
そのなかでも、はばたき班は
「ハンドベル」
を披露しました。
これは先日の文化発表会で初披露したものです。
コロナ禍ではばたき班も作業内容が大きく変わる部分がありました。
そんな中での新たなチャレンジとしてハンドベルに取り組みました。初めて演奏する人ばかりで最初は、不安が大きく、練習への参加すら難しい時もありましたが、
「やればできる」
を合言葉に当日成功させることが出来ました。
 
そして、
「当日忙しかった木の実栄養士にもきいてほしい」
との利用者の思いの元、再演する事ができました。
 
この他の班でも今年一年尾素敵な写真や、映像、思い出話で忘年会を盛り上げてくれました。
 
様々な事を書きましたが、総じて言える事は
 
「コロナだからできない」
 
と決めつけるのではなく、
 
「コロナだからこそ何かできないか」
と発想を一歩前に向ける事
”【チャレンジ】”
の重要さではないでしょうか。
 
特に行事ごとの多くは、その規模等考えると中止を余儀なくされるものが多いです。
しかし、今回私たちが行ったように
「利用者のためにできること」
「みんなで考え」、
「一緒に楽しみながら」
実施していく、そんな前向きな姿勢が大切です。
 
これはイベントにだけ言えるのではなく、利用者個人に対しても同じ思い・姿勢を持つことが大事です。
 
どんな時代、どんな時世となっても
 
「利用者が主人公~ひとりひとりの豊かな人生を目指して」
 
というわかば会の理念を忘れてはならないということを改めて考えた一年でした。
 
来年はどんな年になるでしょう?
まだまだ想像はつきませんが、きっと大丈夫なはずです。
 
「健康で楽しい生活が送れるように・・・」
「少しでも新たな発見のある年に・・・」
「色んなスタイルで、よりよい活動ができますように・・・」
そんな利用者・職員の思いが実現する事を祈って、2020年最後の投稿とさせていただきます。
2021年、さらに素敵な出来事を皆様の元へ届ける事ができるように私個人も精進します。ありがとうございました。
みなさま、素敵な新年をお迎えください(^▽^)/
(藤田)
 
 
 
「GO TOエールしようぜ!」~生活班忘年会~
2020-12-20
こんにちは♫
 
師走に入ると一段と寒さが増し、冬晴れが心地よく、陽だまりがことのほか温かく感じられる今日この頃。
今年も忘年会の季節がやってきました。
毎年は盛大に行ってきましたが、コロナ禍のため、各班での少人数での開催となりました。
12月8日(火)、エールより生活班の忘年会の様子をお伝えします。
リポーターは生活班
都築支援員
が務めます。
 
数日前より、ちらほらと忘年会の話が出てきます。
 
「あしたじゃねぇ・・・」
 
楽しさが声としてあふれています。
この日が待ちきれない様子!!!
 
当日は、みなさんドレスアップしていよいよ出発です。
今回は、先発組でエールの飾り付けをみんなで行ってくれ、後便で、全員集合!!
 
乾杯の音頭と共にいよいよ忘年会の開始です(⌒∇⌒)
 
今回のお品書きは・・・
・前菜
・サラダ
・お刺身
・骨付き鳥
・ごはん
・パフェ
 
次々と出てくる料理に舌鼓を打つと、自然と笑顔になり会話がはずみます。
 
食後は、催し物として、
「箱の中身は何でしょう・・・」
を行いました。
中身が見えない、手の間隔だけが頼りの為、ちょっとした恐怖感があります。恐る恐る手を入れる人がいれば、躊躇なく手を入れる人もいて、一喜一憂、楽しくて穏やかな時間を過ごすことが出来ました(笑)
 
今年もあとわずかですが、心からコロナが収束することを願いつつ、皆さんと元気な新年を迎えたいです。
以上現場よりお伝えしました。
(藤田)協力:都築
 
 
 

サービス内容

サービス内容
 
生活介護 定員:60名
常に介護が必要な方々に、主に昼間、入浴・排泄・食事等の介護を行うこと、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
 
利用者の特性や能力に合わせて、5つのグループにわかれて
 
・内職活動(エコひも、ウェットティッシュの封入、封筒の袋詰め、ねじとワッシャーの組み立て等)
・レクレーション(カラオケ体操、脳トレ、ハロウィン、クリスマス会等)
・体力づくり(運動場や施設周辺のウォーキング、空き缶つぶし)
・リハビリテーション(理学療法士による機能訓練)
・清掃活動(シーツ交換、窓ふき、ゴミ集め)
・その他、各利用者に合わせたワーク課題
 
に取り組んでいます。
この他利用者の生活を支えるためにサービス管理責任者、看護スタッフ、栄養士、理学療法士、生活支援員、その他多くのスタッフが連携しながら安心した時間を提供しています。
 
(写真ははばたき班の内職活動の様子です)
 
施設入所 定員:60名
 
主として夜間に、入浴・排泄・食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行います。
 
主に2人部屋になります。畳部屋のほか、利用者の身体機能に合わせてベッドや介護用ベッドを使用しています。また清潔な環境を保つために「クリーンデー」を設け、よりよい環境となるように努めています。
 
 
短期入所(ショートステイ) 定員:5名
疾病その他の理由により、居宅での介護が難しくなった方に、入浴・排泄及び食事の介護、その他の必要な支援を行います。
 
男性棟4部屋、女性棟1部屋、お部屋を用意しています。快適に利用していただくための空調・TV等の設備を整えています。
 
日中短期入所 定員6名
地域で生活している障がい者(児)の日中の活動の場を確保することを目的に利用者の受け入れをしています。
 
放課後から帰宅するまでの時間、日中活動の場、休日の過ごす場所等様々な利用の方法があり、幅広い年代の利用者がくすのき園を利用しています。
 

行事

行事
 

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1
 
qrcode.png
http://shahuku-wakabakai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
078551
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022