障がい者支援施設くすのき園

 

施設外観

施設外観
 

あいさつ

あいさつ
 
くすのき園は平成6年に知的障害者入所更生施設 新居浜市立くすのき園として開設されました。平成16年からの10年間の指定管理者期間を経て、平成26年より新居浜市からわかば会に全面移管されました。
入所施設ではありますが、ショートステイやデイサービス(生活介護)事業も行っており、多くの地域の障がいのある方々にも利用して頂いております。また入所されている方たちにも、ご要望に応じて日中は法人内外の事業所等に出かけて行ってもらっています。幅広い年齢層の利用者の方たちが約70名の職員と一緒に協力して、「利用者が主人公」の法人理念のもとに、内にも外にも開かれた施設運営に取り組んでいます。
 
 

大切にしていること

大切にしていること
 
『共に』
支援や介助は必要な人に必要な時に提供するようにします。職員は常に利用者の方たちにとっての支援者でいる必要はなく、共に楽しみ、共に苦労し、共に考えて、共に過ごし、共に行動するようにします。
 
『個別支援』
生まれも育ちも性格も特性もひとり一人異なる利用者の方たちの、過去・現在・未来のストーリーを共有しながら、日々の関わりや活動の中で継続的に理解できるように努めて、ありとあらゆる環境を活用しながら、ご本人が必要な支援を本人の立場になって推測して、ひとり一人の可能性を拡げるための行動を職員はとっていけるように努力します。
 
『連携』
ご利用者やご家族、くすのき園内外、さらには地域の様々な関係者とも協力して、法人理念である「利用者が主人公」を実現できるようにするために、対話を重ねて、利己ではなく利他の心を持って、チームで物事を進めていけるように努力します。
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業内容
■生活介護   定員60人
■施設入所支援 定員60人
■短期入所(併設型)
■日中一時
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市萩生1834番地1
 
【電 話】0897-41-6361
【Fax】0897-40-2191
 

ご案内

ご案内
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
「笑顔をつなごう! 文化発表会を行いました」
2021-12-07
こんにちは!
今回は先日実施した文化発表会について紹介します。
(取材協力:実行委員長 小野弥寿子さん)
 
今年のスローガンは
「笑顔をつなごう」。
 
ここには利用者皆が笑顔で楽しく過ごせるようにという思いをこめて、投票の上決定しました。このスローガンを体現する為に、廊下にみんなの顔写真をつないだフラグ(旗)を掲示しました。
 
昨年度と大きく違うのが、各班の作品発表から、棟毎に作品を発表することになりました。そのため、より利用者個々の様子をよく考えて、試行錯誤を繰り返して、当日まで準備を進めました。
 
その一部を紹介すると・・・
(ひかり棟)舞台装飾「秋を彩るお寺と紅葉の切り絵」
(たんぽぽ棟)どんぐりを使った創作・ケーキや写真アート
(みのり棟)ミニ映画撮影(悪の帝王を倒そう!)
(青葉棟)思い出写真展:(様々な写真を、利用者と共に写真を選び切り貼りしながら作品を展示。)
 
このほかに皆さんに楽しんでもらうために、お手製のゲームコーナー(モグラたたき、お化け屋敷、段ボール絵合わせ)や、くすのき喫茶コーナー、なりきりショーによるステージショーを設けて、くすのき園全体を文化発表会仕様にしました。
 
当日は、展示を細かくゆっくり見ていく人や、自分の作品をみて「これこれ!」と自慢する人、次々出てくるモグラを一所懸命に追うひと、お化けにも物怖じせず進む人、色んな利用者の姿がありました。同時に、楽しそうな歌声、笑い声、拍手・・・スローガンのとおり、各棟が次々と「笑顔をつないでいく」今年にしか出せない貴重な発表会になりました。
 
すっかり恒例行事となった「文化発表会」
 
感染症対策等制約があるなかでも、実行委員会だけでなく、多くの有志の助け、各棟のアイデア溢れる作品のおかげで、くすのき園全体が一致団結でき、アットホームに成功することができました。これからもあらゆる視点からチャレンジしていける、今回のスローガンのように「笑顔をつなげる」楽しいイベントになればと思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。
(藤田 )
(取材協力:文化発表会実行委員会 小野弥寿子)
 
※写真は①お化け屋敷、最後は神社に参拝してお清めを!②なりきりショー大成功!!③モグラたたきのワンシーン「僕がおもてなしします!」
 
 
 
「卒論のお手伝い」
2021-12-02
愛媛大学法文学部4回生の二神拓也さんが、「障がい福祉施設職員の労働問題」というテーマでの卒業論文制作のために、くすのき園を訪問してくれました。感染防止対策をしながら、くすのき園の職員や利用者の方へのインタビューを実施しました。
二神さんは3回生の時に愛媛大学の鈴木静先生の授業「福祉法政策:障がいのある人と社会福祉」を受講して、その授業の中でオンライン出演させてもらった〔くすのき園の利用者や職員〕に興味を持ち卒論のテーマに選んだとのことです。
 
インタビューを終えた二神さんは、
『この度は2回にわたり、多くのくすのき園の方々に私の卒論制作のための聞き取り調査に御協力して頂き、誠にありがとうございました。 障がい者施設のリアルを追求したいと思い、聞き取り調査をさせて頂いたのですが、多くの職員の方々、施設利用者の方々が、本当の悩みや現状、課題を話して下さり、とても充実した、貴重な時間を過ごすことができました。初めての聞き取り調査でとても不安でしたが、皆様にとても優しくあたたかいご対応をして頂いたので、最後までしっかりと聞き取りをすることができました。これから、よりよい論文が書けるよう更に頑張りたいと思います。』
と感想を述べられました。 

くすのき園としても調査に協力させて頂いたことで、施設としての現状や課題が整理できて、これから進んでいく方向性を改めて確認できました。
二神さんは卒業後に地元の広島県で県職員として働くことが決まっているそうです。この卒論制作での経験を社会人になって少しでも活かして下されば嬉しく思います。
 
(くすのき園 井川卓)
 
 
 
 
※ 写真は職員にインタビュー中の二神さん(右側)と、取材を終えてのお見送りの様子です。
 
創意工夫で楽しい時間を!!
2021-10-26
こんにちは!
今回はどんなことを皆さんにお届けしようか思案しながら、隣で利用者に見守られながらこの記事を書いています。
 
さて、分散生活を送る中で、各棟で様々な企画をもって
「楽しい時間の提供」
を心掛けています。
先日、筆者が活動している「青葉棟」ではみんなで「ゲーム大会」を実施しました。
「なにかやりたいね。どうしようか?」
と利用者・職員と話していると
「飛行機なら出来るんやない?」
とアドバイスを頂き、開催に至りました。
 
当日は・・・
ラジオ体操からスタート!!
しっかり身体をあっためます(⌒∇⌒)いつにも増してやる気一杯です!
 
いよいよ競技スタートです。今回は、少しでも楽しみを深めるために
 
「くじ引きによる対円相手の決定」
「何種類もある紙飛行機を選ぶ」
 
ということを設けました。どれが飛ぶかはお楽しみということです(笑)
 
普段飛行機を飛ばすということ自体あまり機会がありませんでしたが、まっすぐ投げる人、横から投げる人、上に投げる人、自ら飛行機になる人・・・
対戦結果に大盛り上がりすることができました。
なかには、くじでありましたが利用者の「兄弟対決」が実現、利用者vs園長のスペシャルマッチといった、ラッキーで白熱の対戦カードもありました。
最後は、みんなで飲み物とおつまみを頂きながら余韻に浸る事ができました。
 
久しぶりに、「みんな」で活動ができ、盛り上がる事ができたことが何よりよかったことです。今回はゲーム大会の紹介でしたが、他の棟でも様々な催しをしているのでまたご紹介できたらと思います。最後まで読んでくださりありがとうございます。
次回の更新を楽しみに待っててください!!
(藤田)
 
※写真は➀ゲーム大会開幕!オープニングマッチ、②みんなで力合わせて投げるよー、③同級生対決実現!!
 
畑の芋を掘りましょう!~大作戦2021
2021-10-25
こんにちは!!今年もこの季節がやってきました。
くすのき園の秋と言えば・・・
「芋ほり」ですね!(っと編集者は考えています)
 
実は、
約一年前この書き出しで芋掘りの記事を書いたんです!
記事を書きながら、一年の経過を感じるデスクでの筆者です(笑)
 
今年の芋掘り当日も過ごしやすい秋晴れです!!めちゃくちゃ気持ちいい天候に恵まれました。利用者・職員力いっぱい芋を掘り進めました。土の中から出てくる・出てくる立派なお芋の数々!!気候も悪くなかったためか、いつもより大ぶりの芋が沢山収穫できたような気がします。
 
作業風景を見ていると、大きな芋が収穫できるたびに報告してくれる人、黙々ほり進める人、みんなの作業の様子を暖かく見守ってくれる人、地面に座って、全身で秋の土壌を感じる人、まさに「チームくすのき」で秋の収穫を進めることができ、みんなで秋のイベントを盛り上げることができました!!
昨年と一味違うのが、今年は畑横に即席調理場が設けられ、収穫したほやほやのお芋を調理して、その場でいただくことができました!やはり、疲れた体にあったか料理は、至高の組み合わせではないでしょうか!!みなさん、どんどん手が進んだように感じました。
 
芋掘りを終えると感じることがあります。
それは・・・
今年も残すところあと数か月になっているということです!!あっという間ですね(笑)
これからは寒さがグッと厳しさを増す季節となります。
風邪・インフルエンザ諸々気を付けていきましょう!
最後までお読みいただきありがとうございます!!
次回の投稿をお待ちくださいね!!
(藤田)
 
※写真は、
➀晴天!!さあ耕すぞー!
②力仕事は任せろ!!
③調理したてのお芋たちはいかが?
 
 
 
青空ランチ
2021-10-13
くすのき園では週2回青空ランチの日があります。
山が見え、遠くに海が見える素敵な場所に机を置き、テーブルクロスをかけ、花を飾ります。
太陽や風を感じながらいつもと違った食事時間を楽しみます。
9月はくすのき名物芋炊きでした。
もちろん里芋は土居の伊予美人。
野菜たっぷり、今年は大きな海老を入れました。
いつもならみんなで食べる芋炊きですが、今年は9回に分けていただきました。
炭火をおこしてさんまを焼いて、くすのき園の園庭はいい匂い。
普段は骨なし魚を提供しているので心配でしたが、皆さんきれいに食べて残るのは骨だけでした。
くすのき園は食を大切にしています。
食を通してみんなを笑顔に・・・・・・・・・。
 
(くすのき園栄養士 白石木の実)
 
 

サービス内容

サービス内容
 
生活介護 定員:60名
常に介護が必要な方々に、主に昼間、入浴・排泄・食事等の介護を行うこと、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
 
利用者の特性や能力に合わせて、5つのグループにわかれて
 
・内職活動(エコひも、ウェットティッシュの封入、封筒の袋詰め、ねじとワッシャーの組み立て等)
・レクレーション(カラオケ体操、脳トレ、ハロウィン、クリスマス会等)
・体力づくり(運動場や施設周辺のウォーキング、空き缶つぶし)
・リハビリテーション(理学療法士による機能訓練)
・清掃活動(シーツ交換、窓ふき、ゴミ集め)
・その他、各利用者に合わせたワーク課題
 
に取り組んでいます。
この他利用者の生活を支えるためにサービス管理責任者、看護スタッフ、栄養士、理学療法士、生活支援員、その他多くのスタッフが連携しながら安心した時間を提供しています。
 
(写真ははばたき班の内職活動の様子です)
 
施設入所 定員:60名
 
主として夜間に、入浴・排泄・食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行います。
 
主に2人部屋になります。畳部屋のほか、利用者の身体機能に合わせてベッドや介護用ベッドを使用しています。また清潔な環境を保つために「クリーンデー」を設け、よりよい環境となるように努めています。
 
 
短期入所(ショートステイ) 定員:5名
疾病その他の理由により、居宅での介護が難しくなった方に、入浴・排泄及び食事の介護、その他の必要な支援を行います。
 
男性棟4部屋、女性棟1部屋、お部屋を用意しています。快適に利用していただくための空調・TV等の設備を整えています。
 
日中短期入所 定員6名
地域で生活している障がい者(児)の日中の活動の場を確保することを目的に利用者の受け入れをしています。
 
放課後から帰宅するまでの時間、日中活動の場、休日の過ごす場所等様々な利用の方法があり、幅広い年代の利用者がくすのき園を利用しています。
 

行事

行事
 

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1
 
qrcode.png
http://shahuku-wakabakai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
078551
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022