障がい者支援施設くすのき園

 

施設外観

施設外観
 

あいさつ

あいさつ
 
くすのき園は平成6年に知的障害者入所更生施設 新居浜市立くすのき園として開設されました。平成16年からの10年間の指定管理者期間を経て、平成26年より新居浜市からわかば会に全面移管されました。
入所施設ではありますが、ショートステイやデイサービス(生活介護)事業も行っており、多くの地域の障がいのある方々にも利用して頂いております。また入所されている方たちにも、ご要望に応じて日中は法人内外の事業所等に出かけて行ってもらっています。幅広い年齢層の利用者の方たちが約70名の職員と一緒に協力して、「利用者が主人公」の法人理念のもとに、内にも外にも開かれた施設運営に取り組んでいます。
 
 

大切にしていること

大切にしていること
 
『共に』
支援や介助は必要な人に必要な時に提供するようにします。職員は常に利用者の方たちにとっての支援者でいる必要はなく、共に楽しみ、共に苦労し、共に考えて、共に過ごし、共に行動するようにします。
 
『個別支援』
生まれも育ちも性格も特性もひとり一人異なる利用者の方たちの、過去・現在・未来のストーリーを共有しながら、日々の関わりや活動の中で継続的に理解できるように努めて、ありとあらゆる環境を活用しながら、ご本人が必要な支援を本人の立場になって推測して、ひとり一人の可能性を拡げるための行動を職員はとっていけるように努力します。
 
『連携』
ご利用者やご家族、くすのき園内外、さらには地域の様々な関係者とも協力して、法人理念である「利用者が主人公」を実現できるようにするために、対話を重ねて、利己ではなく利他の心を持って、チームで物事を進めていけるように努力します。
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業内容
■生活介護   定員60人
■施設入所支援 定員60人
■短期入所(併設型)
■日中一時
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市萩生1834番地1
 
【電 話】0897-41-6361
【Fax】0897-40-2191
 

ご案内

ご案内
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
「くすのき園」はアウトドアに向いてる!?~みんなでレッツ BBQ!
2021-06-01
こんにちは!
 
みなさん、アウトドア派ですか?インドア派ですか?
そのどちらともという人もいるでしょう(笑)
外での活動も室内での活動もどちらにもそれなりの魅力と、そのどちらにしかない楽しさが存在するはずです!
 
今回は、私たちをアウトドア派と仮定して、くすのき園がいかにアウトドア向きか紹介しつつ、先日行われたBBQの様子をお伝えできればと思います。
 
なぜ筆者はくすのき園がアウトドアに向いているかと考えるか・・・
 
➀静か
・・・風の音を楽しめる!鳥の声が聞こえる。虫の声がする
 
②自然豊かな所
・・・森林が周りを囲んでいる、季節の花が咲いている
 
③時々出会う動物たち
・・・これは筆者の勝手なアウトドアのイメージです(笑)
 
改めて振り返ると最高のロケーションのような気がします。
 
そんななかで、くすのき園で久しぶりのBBQが開催されました。
コロナ対策として、8日間に分けて、少人数で行いました。過去には、少し遠出しての開催はあったようですが、今回は素晴らしいくすのき園のロケーションの中での開催です。
 
お天気も最高に良い日が多くて一安心!!
誰よりも利用者が天気の事、何を食べようかな等沢山の情熱を貰いました。
 
豪快に串に具材を刺して、じっくり焼いてから「ガブり」と頬張る・・・
皆さんの満面の顔がとても印象的!!
 
あとから
「~食べたんよ」
「~が美味しかった」
という声がたくさん聴けたのがとても嬉しかったです(笑)
 
園内という場所でも、少し気持ちが晴れやかになったり、リフレッシュできたり、また羽を伸ばすきっかけになれたかな・・・
 
今回はここまで!次回の記事を楽しみに待っててくださいね
(藤田)
 
 
 

 
 
外で食べるご飯はやっぱりうまい!!!~くすのきのエール昼食~
2021-05-13
こんにちは。
今回はくすのき園の利用者が楽しみにしている
「エール昼食」
のことをトピックとして挙げたいなと思います。
 
まず、皆さん外で食事(店内・店外)は好きですか?
どのようなイメージがありますか?
 
すこし考えてみると・・・
○店によったら新作メニューが食べられる
○自分の好きなものが食べられる
○いつもの食事と変わったものが食べられる
○普段味わえないちょっとした贅沢( ´∀` )
 
といったことが考えられるのではないかと思います。
私自身も、新たなお店を見つけたり、自分しか知らないようなメニューに出会ったりしたときは、とてもうれしさを感じます。
もちろん普段の食卓の食事も団らんの場であったり、バランスの良い食事を摂ったりする点では、とても大切な事ですね!!!
 
とまあ、話をエール昼食に戻して・・・
 
まずここで
「エール」とは何だ・・・
という疑問からお答えすると、2回がわかば会の1つの事業所、1階部分がくすのき園の利用者含めて、多目的に使用する事が出来るスペースになっています。
 
エール昼食ではこの一角でお食事します。
ここはカフェのような空間となっていて、カウンター席、様々なジャンルのミュージック、自然豊かなテラス席が用意されていて、おしゃれな雰囲気満載です(⌒∇⌒)
いつもは、お盆の上に小鉢できれいに盛り付けがされていますが、エールでは、加えて、この小鉢をワンプレートに集めてワンプレートランチのようにしたり、卵かけごはんが出て来たり創意工夫があります。
また、金曜は井川園長お手製コースが用意されています。
利用者の好きな物や、普段のお食事ではなかなか出会えないような料理が盛りだくさんで提供されています。
利用者の皆さんも、
「今日は~が出たんよ」
「今日はエール行ってきたよ」
とおっしゃる方が多く、いい笑顔でくすのき園に戻ってきます。
 
このコロナの制限の多い中ではありますが、ちょっとした工夫や、わかば会のもつあらゆる資源を使って、すこしでも楽しい生活となるように努めていきます。
今回はお食事シーンの紹介でしたが、生活は食事だけではありません。
他の場面においても創意工夫を凝らして、
「利用者が主人公、~ひとりひとりの豊かな人生を目指して~」
毎日の生活を送っていきたいですね!!
(藤田)
 
 
 
 
屋根より高くどこまでも・・・こいのぼり
2021-05-11
こんにちは!
5月5日は「こどもの日」。
日本ではこの日に「こいのぼり」を上げることが昔からの風習となっています。
由来を少しひも解くと、中国から伝わったこの習わしは、武家の子供が生まれた印として幟(のぼり)をあげることとつながり、現在のようになったと言われています。
一説によると、鯉の色が様々な色をしているのは、童謡「こいのぼり」の影響と1964年「東京五輪」のマークにちなんでともいわれます。
なんだか、今に繋がる〈ふむふむ〉な理由でした。
 
さて、子どものイメージが強いこのイベントですが
鯉のぼりには、人生という流れの中で遭遇する難関を鯉のように突破して立身出世して欲しいという願い
があります。( [暮らしの歳時記] All Aboutより引用)
 
いまの、暮らしに置き換えると、
「それぞれが抱える問題」や「悩み」、
「突破できそうでもがいている」、
広く言えば「コロナ禍」というのも、ここでいう「難関」に入るのかなと思います。
こう書くと、ものすごくマイナスなイメージばかりで、それだけでも負けてしまいそうになります。
 
今回作成した、みんなのこいのぼりは、大きな白色の鯉に、利用者一人一人が、紙を貼って色付けをしていきました。
よく見ると、この一つひとつの色も、小さな鯉が集まっているんですよ!!!
思い思いの場所に少しずつ色が加わっていく中で、まるで本物の鯉かの如く、息を吹き込まれていく感じがしました。
また、まっすぐに貼るひと、ちょっと斜めに貼る人、間隔を詰める人、自由に貼る人、色んな形態をとることで、
ワンチーム「くすのき園」
を表しているのかなとも感じました。完成したこいのぼりたちは、くすのき園の多目的ホールと、会議室に掲示されています。
 
皆さんで作ったこいのぼり!!
多くの難関が待ち受ける2021年の荒波の中で、負けない強さを持てますように・・・
ここにいるすべての人の願いや想いが花開きますように(^▽^)/
力合わせてがんばるぞー!!エイエイオー!
(藤田)
 
※大きな赤い鯉は、くすのき園の小道具職人お手製の鯉です。大きさも本物に近いくらい立派な物でした。
 
コロナと向き合って  「制限と支援」
2021-04-30
今年度に入り、愛媛県東予地域でも広く新型コロナウィルスの感染が拡大しています。
くすのき園がたいへんお世話になっている福祉施設や医療施設でもクラスターが発生しています。
施設の皆さまに心からお見舞いを申し上げますとともに一日でも早く施設内での感染が終息すること、そして罹患された方が重症化しないことを願っています。
 
わかば会本部長の白木さんより、
「感染者がでた施設にわかば会ができる一番の支援は私たちが健康で笑顔でいること」
との話がありました。
そしてたいへんな状況であるにも関わらず、コロナが発生した施設の方からも、
「くすのき園はくれぐれも気を付けて下さいね。」
という温かい言葉を頂いています。
 
くすのき園でも、
施設内に持ち込まないように、
入ってしまっても最小限の被害で済むようにと、
対策や準備を進めています。
その中でどうしても、利用者の皆さんには制限をかけてしまうことが多くなってしまっています。
 
会いたい人に会えない、
行きたいところに行けない、
やりたいことができない・・・
 
障害者自立支援法以降の施策にあるように、この10数年のくすのき園の取り組みは施設利用者の可能性を少しでも拡げていくことでした。
それがコロナという状況になって、感染から逃れるために利用者の方たちの可能性を狭めることになってしまっていないかと問うています。
 
それでもくすのき園にはさまざまな方法で自分の意思を伝えてくれる主体的な利用者の方たちがいて、その意思を汲み取って思いやりとアイデアと行動力で支援につなげてくれる職員がたくさんいます。
 
「身近な人と身近な場所で」
新型コロナウィルスへのくすのき園の対応方針の1つのキーワードです。
しばらくは人とのつながりや行動範囲を拡げられない時間が続きそうですが、この時間で少しでもくすのき園の可能性を深められるようにしていきたいと思っています。
(園長 井川 卓)
 
*写真はくすのき園の身近な場所での散歩風景です。
 
feel nature~自然を感じる
2021-04-30
 
「自然はやさしくほほえむ母のように、我々の夢を安らかに守ってくれて、空想を楽しませてくれる。」
 
という、フランスの詩人ヴィクトル・ユーゴーの言葉があります。
 
先日、雑草や木の確認をしながら、
「くすのき園」
の敷地内を歩いていました。
 
活き活きとした緑、
澄み渡る青い空。
 
山の緑と空の蒼が、いつもより近くに感じるような気持ちの良い天候。
 
そこにくすのき園長の井川さんがやってきて、
「新緑のこの季節、そして、この場所からの景観が好きです。」
と、景色を見ながら語りました。
 
僕が福祉の職に就いて間もない頃、(20年以上前?)
「施設が辺鄙な場所ばかりにあるのはおかしい。」
「障がい者施設は、市内の中心部に建設すべきだ。」
と、言っていたのを思い出しました。
 
市内から離れていても、自然の美しさに囲まれた環境、
目・耳・鼻、そして肌で自然を感じることのできる環境にある「くすのき園」。
 
時間に追われる毎日が続いていますが、少しのゆとりを持つことで見えてくる素晴らしい景色。
 
雲一つない空の中、
太陽が南に昇った頃、
コロナ渦で、休憩中の食事場所を分散している中、
何人かの職員が広場のベンチに座り、
澄み切った青い空の下で昼食を食べていました。
 
わたしたちの多くは大人になるまえに、
澄みきった洞察力、
美しいもの、
畏敬すべきものへの直感力をにぶらせ、
あるときはまったく失ってしまいます。
 
「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない。
 
自然を通して何かに出会い、
それに対して強く感じるとき、
その先に確固たる知識や知恵が生まれ、
生き生きとした精神力が生まれる。(注1)
 
目の前にあるこの素晴らしい景色の中から、
レイチェル・カーソンのメッセージが聞こえてくるようなひとときでした。
 
(白木)
 
 
注1)「センス・オブ・ワンダー」
レイチェル・L・カーソン /著

 
 

サービス内容

サービス内容
 
生活介護 定員:60名
常に介護が必要な方々に、主に昼間、入浴・排泄・食事等の介護を行うこと、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
 
利用者の特性や能力に合わせて、5つのグループにわかれて
 
・内職活動(エコひも、ウェットティッシュの封入、封筒の袋詰め、ねじとワッシャーの組み立て等)
・レクレーション(カラオケ体操、脳トレ、ハロウィン、クリスマス会等)
・体力づくり(運動場や施設周辺のウォーキング、空き缶つぶし)
・リハビリテーション(理学療法士による機能訓練)
・清掃活動(シーツ交換、窓ふき、ゴミ集め)
・その他、各利用者に合わせたワーク課題
 
に取り組んでいます。
この他利用者の生活を支えるためにサービス管理責任者、看護スタッフ、栄養士、理学療法士、生活支援員、その他多くのスタッフが連携しながら安心した時間を提供しています。
 
(写真ははばたき班の内職活動の様子です)
 
施設入所 定員:60名
 
主として夜間に、入浴・排泄・食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行います。
 
主に2人部屋になります。畳部屋のほか、利用者の身体機能に合わせてベッドや介護用ベッドを使用しています。また清潔な環境を保つために「クリーンデー」を設け、よりよい環境となるように努めています。
 
 
短期入所(ショートステイ) 定員:5名
疾病その他の理由により、居宅での介護が難しくなった方に、入浴・排泄及び食事の介護、その他の必要な支援を行います。
 
男性棟4部屋、女性棟1部屋、お部屋を用意しています。快適に利用していただくための空調・TV等の設備を整えています。
 
日中短期入所 定員6名
地域で生活している障がい者(児)の日中の活動の場を確保することを目的に利用者の受け入れをしています。
 
放課後から帰宅するまでの時間、日中活動の場、休日の過ごす場所等様々な利用の方法があり、幅広い年代の利用者がくすのき園を利用しています。
 

行事

行事
 
音楽会
音楽会は、月に一度、くすのき園の利用者みんなで身体を使って音楽を楽しむことを目的に実施しています。
 
昔懐かしいメロディーに合わせてリズム体操を行ったり、鈴や鳴子等の楽器を用いたりして、体いっぱいで音楽を楽しみます。全体のプログラムは「音楽療法」を参考に利用者が心身共に楽しめるように構成されています。
 
 
バイキング
毎日の欠かせない「食事」を利用者にとって楽しんでもらえるように、月に1度「くすのきバイキング」を開催します。
 
内容は様々で四季折々の季節が感じられるように毎月テーマを決めています。
たとえば・・・
○お花見
○お月見
○ハロウィン
○クリスマス     ・・・・等々があります。
 
時には美味しいお酒・ワインを片手に、お喋りをしながら「利用者の素敵な笑顔」が見られるよう
委託業者さん(シップヘルスケアフード)と協力して提供を行っています。
 
(写真は夏の七夕バイキングのものです。)
 
お出かけ
近場から遠方、ドライブからお泊りまで様々な外出の機会を設けています。
 
大きくは
○フレッシュ園外(夏)
○くすのきトラベル(秋)
○年度末園外活動   ・・・等々があります。
 
この他、活動班単位の外出や、お誕生日外出、土日のドライブ、くすのきバスによる外出等様々な形を設けています。利用者の「お出かけがしたい」という思いに寄り添えるように、機会を提供します。
 
(写真はくすのきトラベル 岡山旅行のものです)
 
 
イベント
一年の時間の流れ、四季を体いっぱいで感じられるように、下記のイベントを用意しています。
 
○お花見
○七夕飾り
○くすのき夏祭り
○餅つき
○忘年会
 
その他、班ごとに様々な企画を行い、利用者が楽しめるようなイベントを開催しています。
 
(写真はくすのき夏祭りの様子です)
 

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1
 
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022