障がい者支援施設くすのき園

 

施設外観

施設外観
 

あいさつ

あいさつ
 
くすのき園は平成6年に知的障害者入所更生施設 新居浜市立くすのき園として開設されました。平成16年からの10年間の指定管理者期間を経て、平成26年より新居浜市からわかば会に全面移管されました。
入所施設ではありますが、ショートステイやデイサービス(生活介護)事業も行っており、多くの地域の障がいのある方々にも利用して頂いております。また入所されている方たちにも、ご要望に応じて日中は法人内外の事業所等に出かけて行ってもらっています。幅広い年齢層の利用者の方たちが約70名の職員と一緒に協力して、「利用者が主人公」の法人理念のもとに、内にも外にも開かれた施設運営に取り組んでいます。
 
 

大切にしていること

大切にしていること
 
『共に』
支援や介助は必要な人に必要な時に提供するようにします。職員は常に利用者の方たちにとっての支援者でいる必要はなく、共に楽しみ、共に苦労し、共に考えて、共に過ごし、共に行動するようにします。
 
『個別支援』
生まれも育ちも性格も特性もひとり一人異なる利用者の方たちの、過去・現在・未来のストーリーを共有しながら、日々の関わりや活動の中で継続的に理解できるように努めて、ありとあらゆる環境を活用しながら、ご本人が必要な支援を本人の立場になって推測して、ひとり一人の可能性を拡げるための行動を職員はとっていけるように努力します。
 
『連携』
ご利用者やご家族、くすのき園内外、さらには地域の様々な関係者とも協力して、法人理念である「利用者が主人公」を実現できるようにするために、対話を重ねて、利己ではなく利他の心を持って、チームで物事を進めていけるように努力します。
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業内容
■生活介護   定員60人
■施設入所支援 定員60人
■短期入所(併設型)
■日中一時
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市萩生1834番地1
 
【電 話】0897-41-6361
【Fax】0897-40-2191
 

ご案内

ご案内
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
今日から新たな始まりです!
2022-04-08
こんにちは!
道中桜が綺麗に咲き誇っています。いよいよ春本番です!!
くすのき園も4月1日、令和4年度のスタートとなります。
 
本年度最初ということで朝礼にて
・辞令交付
・永年勤続表彰(7名)
を行いました。そのうちの2人に(1人は私です)新たな門出の抱負を聞いています。
 
〈永年勤続表彰〉
【15年 桑原昭人】
くすのき園で勤務を始めて15年が経過し、今年度永年勤続表彰を頂きました。
この15年間は「笑いあり・涙あり・・・」様々なドラマを体験できました。そのなかで、利用者の皆さん・保護者の皆さん・上司・同僚多くの方から、学びを頂きました。今の自分があるのはこの「出会い」のおかげです。
これからの未来、「利用者が主人公」というわかば会の理念をしっかり受け止めて、「謙虚・感謝・尊敬」の気持ちを私自身大切にしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします
 
【5年 藤田大智】
大学を卒業してくすのき園へ。当時は右も左も本当にわからなくて、「希望」よりも「不安」が強かったことを思い出します。5年経過し身も心も成長できたそんな実感をほんの少し感じています。まずはここまで様々な学びと勇気を下さった皆様に感謝します。
次のステップに入るなかで当時自分が思っていた「不安」が今度は「次への希望」に変えられるように・・・変化の多い毎日ですが、これからも利用者が主人公で、次の一歩が力強く踏み出せるようにまた頑張っていきます。今後ともよろしくお願いいたします。
 
また朝礼での園長のお話を要約して紹介します。
 
今年度は「自信」が深められるように。
自信がある人は自分のことがよく分かっていて良好な人間関係を築ける人です。
成功を周囲と分かち合い、失敗しても素直に受け止めて新たなチャレンジの糧にできます。
自信と似た感覚に自惚れがあります。自惚れは実際の自分の能力以上のことが出来ると思い込み、自分のことが分かっていない状態です。そこには悪い人間関係が生じてしまいます。
長く物事を続ける中で自惚れだけでなく、慣れや自分のくせはどうしても出てきてしまうものです。そうならないように節目ごとに自ら変化を起こしていくことが大切です。
また長く物事を続ける中で権力を手にすることのないようにして下さい。
権力とは相手の権利(意思や自由)を奪うことです。
力は強い人から弱い人に向けられてしまいがちです。
私たちの仕事は、弱い立場にある人たちの権利を守る仕事です。
人が対象のため正解のない仕事ですが、そこにやりがいがあり、難しさもあります。
今年度も「利用者が主人公」の法人理念のもと仕事に取り組んでいきましょう。
 
 
新たな出会いは利用者も職員も高揚感のあることです。このひと時を楽しみながら、また準備・引き継ぎを行いながら、いいスタートを切っていきたいと思います。今年度もよろしくお願いします。
(藤田)
 
 
 
一年の労をねぎらって ~くすのき園お疲れ様会~」
2022-04-03
こんにちは!
更新が大変遅くなりました。
申し訳ございません。
 
年度末。
「来年度は何班かな?」
「担当支援員はだれかな?」
なんて声が聞こえてきました。
みんなどこか新しい年度への期待や不安を抱きながら過ごしている年度末です。
 
そんななか、2021年度(令和3年度)の締めくくりとしてくすのき園では、
「お疲れ様会」
を開催しました。
今回もコロナの感染対策として棟ごとでの実施です。
 
折角のイベント!!
目いっぱい楽しむために男性陣は、いつもの室内着ではなく外出着に着替えて、女性陣は外出着に加えてきれいにお化粧を行って・・・
さあ!会場へレッツゴー!!!
 
美味しい料理に舌鼓を打ち、
「次どんなところ行くー?」
なんてお話も交えながらどのグループも楽しい時間を過ごすことができました。一緒に参加して、特に天ぷらとお寿司は人気のメニューだったように感じます。
満足そうな表情と会話が会場を包み込みました。
 
残念ながら私自身は、1グループのお疲れ様会にしか参加できませんでしたが、帰ってくる利用者のみんな、当日撮った写真を見ると、どのグループもいい笑顔に溢れていましたし、
「今日行けて良かったわ」
という声もありました。
 
一年間色々あったけど、
「終わり良ければ総て良し」
とはこのことかな・・・なんて思いながら、この記事を書いています。
 
さて今年度様々なイベント、角度からこのHPを書いてきました。
 
今年一年がすごく長く感じましたが、その都度思いだされるのは
「利用者の笑顔」
です。
きっと大変なことがあったと思いますが、今日みたいな和気あいあいと和やかな空気感や笑い声の方がイメージとして残り、一年間通して2021年度(令和3年度)はよかった年度ではなかったでしょうか!!
 
本当にみんなお疲れさまでした!!
 
来年度の目標は・・・・
 
また次回の記事で書きますね。
2022年度(令和4年度)もすてきなくすのき園の様子を皆さまにご紹介できるように!
そのためには「利用者が主人公」の実のある実践が積み重ねられるように・・・
また精進の一年にしていきます!!!
今年一年間ありがとうございました。
来年度もどうぞよろしくお願い致します。
(藤田)
 
 
 
 
「ハッピーバレンタイン! ~私の愛を受け取って!!~」
2022-02-25
こんにちは!
早いもので、「バレンタイン」の投稿をしてから約1年が経っていました。前回はどんなこと書いたのでしょう・・・
 
前回の投稿
「それぞれのバレンタイン♡ ~日頃の感謝をチョコに込めて贈ります~」
良ければこちらもお読みいただければと思います!!
 
さてさて
くすのき園のバレンタインは「直球勝負」「想いは直接言葉に!態度に!」が伝統のようで、特に今年はチョコレートにメッセージを添えて送るスタイルが多いように感じます。
 
「私の愛をチョコレートで受け止めて!!」
「渡したいから渡します。当日は夜勤だから、早めになってごめんね!」
「(支援員名)!いつもありがとう。いつでもおってね。いつでもおってください。(利用者名)」・・・
 
もちろんメッセージじゃなく言葉で伝える方もいて・・・
 
いつもは、好きなキャラやアーティストの話題で盛り上がるある利用者さんは、この日となると支援員の後ろを歩き、恥ずかしそうに、でも「ありがとう!これからもよろしくね!また遊びに来てんよ!」とまさに「乙女」となって想いを伝えてくれました。
またある利用者さんは、「ほんまはもっと大きいものあげたかったんよ!でも、これでええやろ?」と少々の照れ隠しをしながら、渡してくれました!!
 
どの利用者さんもストレートながら、実にシンプルで日頃の思いがひしひしと伝わってきます。頂いた我々男性陣も、自然とニコッとできる、お互いにとてもハッピーな一日になりました。
 
利用者から利用者へ、利用者から職員へ、職員から利用者へ、女性から男性へ、女性から女性へ、男性から男性へ、男性から女性へ・・・
贈る相手はその人それぞれちがうけれど、まさに「愛」を伝え受け取ることができる、本来のバレンタインとは違うかもしれませんが、くすのき園にとって「バレンタイン」はとても大切な日です。今年一年また頑張って、来年素敵な「バレンタイン」が迎えられますように・・・♡
 
最後までお読みいただきありがとうございます。また投稿を心待ちにしててくださいね!!
(藤田)
 
(写真は、①愛よ届け!!メッセージに乗って(o^―^o)ニコ、②「これえかろ!受け取って!③いつもありがとう♡3人並んでハイ・ポーズ!」
 
 
熊野詣のススメ
2022-02-08
こんにちは!
今日は少し古典的なお話しながら、くすのき園の皆さんのちょっとした一日の一コマを切り抜いてみたいと思います。
 
タイトルにもあるように、
全国には「熊野神社」と呼ばれる神社が数多くあります。
愛媛県にも「37」の神社があるそうです。
(熊野三山協議会統計より)
熊野神社を詣でることを「熊野詣」といい、その歴史は平安時代、宇多(うだ)法皇(ほうおう)に始まる歴代法皇・上皇(じょうこう)女院(にょいん)熊野(くまの)御幸(みゆき)は百余度に及び、身分や老若男女を問わず「(あり)の熊野詣」といわれるほど大勢の人々が熊野を訪れました。熊野詣のために通った道が「熊野古道」と呼ばれる参詣道です。
(熊野本宮大社HPより引用・一部修正)
 
くすのき園の近くにある神社は「末社」と呼ばれ、遠隔地でも熊野の神様のご利益があるようにとのことで建立されました。とまあ、歴史に少し触れてみました。
 
くすのき園と熊野神社は、ここが日々の散歩の目的地になることが多いこと、今現在でいうと、コロナで大きな神社への参拝は難しいですが、身近なこの神社は、気軽にかつ感染対策もしながらお参りができるスポットです。
 
いつも会話をしながら、時には歌を歌いながら、ペースは色々ですが、歩いているとあっという間に現地に到着です!数百メートルの距離にあります。緩やかな勾配でお参りには絶好の条件が揃っています。
 
恐らくですが、くすのき園の皆さんは、一年に一回は訪れているであろうと思います。ゴールの鳥居が見えると、決まってひと休憩を入れながら、周囲の自然の恩恵を肌で感じています。
理屈は知らなくても、参ることで、自然と「神様の恵み」を受け取っている事でしょう!!
 
最後になりますが、
このコロナの大変な世の中ではありますが、
くすのき園の皆さん、わかば会の仲間たち、そして関わって下さる皆様の
「健康」と「ご利益」
を熊野の神様方に祈念して、今回の投稿を締めたいと思います。
 
最後までお読みいただきありがとうございます。次回の投稿を待っててください!
(藤田)
 
(写真は①ハイチーズ!さあ帰るぞー(o^―^o)ニコ、②ここまで来たね!さあ休憩だ!)
 
 
 
 
 
一年遅れの成人のお祝い
2022-01-25
こんにちは!!
先日エールにて、成人を迎えられた「日野裕介さん」のお祝いをさせて頂きました。
ご成人おめでとうございます!(正確には、約一年遅れの成人のお祝いです。)
 
裕介さんは昨年よりくすのき園を利用して下さっています。
朝廊下等で出会うと、「~さんやね、おはよう」と元気なあいさつで迎えてくださいます。時には、「~さん大丈夫なんかね~」と心配して下さり、また時にはマイク片手に大熱唱して下さりと、若さ溢れるエネルギーをみんなに分けてくれています。
 
いつの間にかみんなの中心にいる裕介さん!(^▽^)/
溢れるパワーを元に、いつまでも笑顔溢れる裕介さんでいて下さいね!!
これからの大活躍をくすのき園のみんなで応援しています。
 
くすのき園は様々な節目のお祝いを大切にしながら、一人ひとりの豊かな人生をサポートしていきます。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
(藤田)
 
(写真は①大好きな木の実栄養士と一緒に!②みのり棟の仲間たちと「ハイチーズ」③今日の日を祝したスペシャルなメニューに舌鼓!)
 

サービス内容

サービス内容
 
生活介護 定員:60名
常に介護が必要な方々に、主に昼間、入浴・排泄・食事等の介護を行うこと、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
 
利用者様のニーズに応じられるように
 
・創作活動(裁縫、季節の雑貨等)
・レクレーション(カラオケ体操、脳トレ、ゲーム等)
・体力づくり(運動場や施設周辺のウォーキング、エアロバイク)
・リハビリテーション(理学療法士による機能訓練)
・園芸(野菜、花づくり)
・清掃活動(シーツ交換、掃除、除草)
・リサイクル活動(アルミ缶、ペットボトル)
・音楽、動画、映画鑑賞
・各利用者に合わせた自立課題
 
等を行っています。
サービス管理責任者、看護スタッフ、栄養士、理学療法士、生活支援員、その他多くのスタッフが連携しながら安心した時間を提供できるように努めています。
 
 
施設入所 定員:60名
 
主として夜間に、入浴・排泄・食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行います。
 
主に2人部屋になります。畳部屋のほか、利用者の身体機能に合わせてベッドや介護用ベッドを使用しています。また清潔な環境を保つために「クリーンデー」を設け、よりよい環境となるように努めています。
 
 
短期入所(ショートステイ) 定員:5名
疾病その他の理由により、居宅での介護が難しくなった方に、入浴・排泄及び食事の介護、その他の必要な支援を行います。
 
男性棟4部屋、女性棟1部屋、お部屋を用意しています。快適に利用していただくための空調・TV等の設備を整えています。
 
日中短期入所 定員6名
地域で生活している障がい者(児)の日中の活動の場を確保することを目的に利用者の受け入れをしています。
 
放課後から帰宅するまでの時間、日中活動の場、休日の過ごす場所等様々な利用の方法があり、幅広い年代の利用者がくすのき園を利用しています。
 

行事

行事
 

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1
 
qrcode.png
http://shahuku-wakabakai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
090701
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022