障がい者支援施設くすのき園

 

施設外観

施設外観
 

あいさつ

あいさつ
 
くすのき園は平成6年に知的障害者入所更生施設 新居浜市立くすのき園として開設されました。平成16年からの10年間の指定管理者期間を経て、平成26年より新居浜市からわかば会に全面移管されました。
入所施設ではありますが、ショートステイやデイサービス(生活介護)事業も行っており、多くの地域の障がいのある方々にも利用して頂いております。また入所されている方たちにも、ご要望に応じて日中は法人内外の事業所等に出かけて行ってもらっています。幅広い年齢層の利用者の方たちが約70名の職員と一緒に協力して、「利用者が主人公」の法人理念のもとに、内にも外にも開かれた施設運営に取り組んでいます。
 
 

大切にしていること

大切にしていること
 
『個別支援』
生まれも育ちも性格も特性もひとり一人異なる利用者の方たちの、過去・現在・未来のストーリーを共有しながら、日々の関わりや活動の中で継続的に理解できるように努めて、ありとあらゆる環境を活用しながら、ご本人が必要な支援を本人の立場になって推測して、ひとり一人の可能性を拡げるための行動を職員はとっていけるように努力します。
 
『連携』
ご利用者やご家族、くすのき園内外、さらには地域の様々な関係者とも協力して、法人理念である「利用者が主人公」を実現できるようにするために、対話を重ねて、利己ではなく利他の心を持って、チームで物事を進めていけるように努力します。
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業内容
■生活介護   定員60人
■施設入所支援 定員60人
■短期入所(併設型)
■日中一時
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市萩生1834番地1
 
【電 話】0897-41-6361
【Fax】0897-40-2191
 

ご案内

ご案内
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
「畑の芋を掘りましょう!大作戦」
2020-10-28

今年もこの季節がやってきました。

 

くすのき園の秋と言えば・・・

 

「芋ほり」ですね!(っと編集者は考えています)

 

例年は近くの幼稚園のみなさんと一緒にお芋を掘りますが、コロナ禍ということで今年はくすのき園のみんなで力を合わせてお芋を掘りました。

 

当日は、なんといっても秋晴れにふさわしい快晴!!

 

気持ちいい風も吹いて、絶好のコンディションでした。そして、秋のイベントといえばもうひとつ・・・

「ハロウィン」(^^)/

「お芋掘り×ハロウィン」今年は、そんなイメージで会場入りしました!

 

掘れば掘るほどザクザクお芋が出てきます。大豊作といってもいいんじゃないでしょうか。

利用者のテンションは最高に上がり盛り上がりました。職員他たくさんのご協力のおかげで無事たのしいお芋掘りができました。とれたてのお芋は、その日の昼食で美味しくいただきました。

 

また来年も素敵なお芋ほりができますように・・・

ごちそうさまでした(o^^o)ニコ

(藤田)

 

 

 

 
「今日は何の日?お花の日!!」
2020-10-27
過ごしやすい季節になりましたね!
少し前に彼岸花が咲いたり、稲穂がきれいに実ったり、すっかり秋らしい風景も垣間見えるようになりました。
実は、秋にも七草があるのはご存じですか???
 
【萩の花 尾花 葛花(くずはな) 瞿麦の花(なでしこのはな) 女郎花(おみえなし)
また藤袴(ふじばかま) 朝貌の花(あさがおのはな)】4
(山上憶良 万葉集 一五三八 巻八)
 
皆さんもぜひ探してみてください!!!
 
さてさて、くすのき園でもお花のお稽古を行っています。今回は、有志でハロウィンの器に思い思いの多肉植物を植えました。どのように配置するのか、何を植えるか、どれも個性的な作品がたくさん集まりました。「次はお花植えようね!」と次回をまた楽しみにしている人が多いようです!!今度は僕も参加してみたいな・・・そんな時間でした。
(藤田)
 
 
 
 
「美しくいること、それは当たり前に出来る事?!」
2020-10-08

「当たり前」・・・

文字にすればたったの4文字(平仮名にしても5文字)、よく使われる言葉ですね。

 

こうして私も「当たり前」のように用いていますが、その存在は貴重がゆえに、継続が難しく、もろく儚いものです。

 

これを守ってこその「幸せ」もあれば、なくして次の一歩へ進んだ時に得られる「幸せ」もあるでしょう♪

 

いや、時には不幸せな時もあるかな。

んーー考えるほど奥が深い・・((笑)今の世の中ってそんな感じがしています!

 

とまあ、今回はちょっと偉そうに書いてみました。ここで文章は終わりませんよ(笑)

 

今日はくすのき園のちょっとした自慢?!

を書いてみます。

どこかの記事で登場したかもしれませんが、くすのき園には他の施設では珍しい

「立派な美容師」

さんがいます。

もちろん普段は僕たちと同じ「生活支援員」です!

コロナ以前は美容室・理髪店に行くことが「当たり前」だったのですが、このご時世なかなか行くことが出来なくなりました。

そこで今は彼が大活躍しています。

 

やはり綺麗でいること、清潔でいる事はとても大切で、利用者にも大好評です。

彼の利用者に対する気持ちには感服です♪

(ちなみに、美には疎い編集者が彼に髪を切る事をお願いすると「有料で!!」とのことでした。)

 

こうしたちょっとした願いをかなえられるのもくすのきの強みではないでしょうか。

というちょっとした自慢をご紹介しました。

(藤田)

 

 

 

 
掲示を彩る工作づくり
2020-10-01

こんにちは!

今日から、10月ですね・・・(o^^o)ニコ

衣替えをしてみようかなーっと思う人もいるのではないでしょうか。

 

衣替えが衣服を季節に合うものに「変えて」いくように、くすのき園の掲示板もすこしずつ季節にあったものやトピックに合ったものに「変えて」行く必要があります。

 

その第一陣を切るべく、今日は利用者5名、栄養士、相談員、力を合わせて制作を行いました。

工作となると細かい作業が何回もあり、筆者は大変苦手ですが、今日集まったメンバーは、どんどん制作を進めました。

 

さすが!!

 

あっという間に完成しました。

職員・利用者の共同制作はとても楽しく、有意義に時間となったのではないでしょうか!!

 

今回はそんな共同作業の様子を写真として載せたいと思います。

次回はどんな作品をご紹介できるか楽しみにしていてください。

(藤田)

 

 

 

 
夏の思い出:コロナの夏、特別な夏、くすのきの夏を過ごして
2020-09-28
こんにちは!
ずいぶん久しぶりの投稿となってしまいました。
この夏は日本列島どこいっても厳しい暑さでしたね。
みなさまは、いかがお過ごしでしたか?
今年ならではと言うと、酷暑なのにマスクをつけないといけないご時世。それが原因の熱中症が増えていました。また、暑さに慣れていないが故の熱中症もあったようです。
なんかネガティブな事ばかりですね。
でも、
全国各地のサプライズ打ち上げ花火!!
規模は違えどとてもきれいでした!
やはり夏の風物詩は変わらず感動です!
 
さて、くすのき園でも恒例の「くすのき夏祭り」を開催しました。
例年は保護者様、地域の方を交えて開催をしていますが、今年度はコロナウィルス感染リスクを考慮し利用者・職員のみ、3密とならない形での開催となります。
 
テーマはズバリ
「コロナに負けるな!くすのきの夏♪笑顔の花火を打ち上げよう!」
 
規模は縮小されましたが、美味しい「焼きそば・たこ焼き・トウモロコシ・ポップコーン」が並んだほか、キンキンに冷えた「ビール・ジュース」、「かき氷」が並びました。
余興においては、「ゲゲゲ劇団」による「コロナ除け」のショー、くすのきセッションズによるライブで大いに盛り上がりました。
そして、フィナーレは
「盆踊り」と「打ち上げ花火」!
暑さをわすれて、ひと夏の思い出に酔いしれました。
 
「この夏は特別な夏」
と小池知事はコロナの夏を指しておっしゃいましたがくすのきではもっとポジティブに
「こんな夏こそ特別に!!」
夏を楽しめたのではないでしょうか。    
(藤田大智)
 
 
 
 

サービス内容

サービス内容
 
生活介護 定員:60名
常に介護が必要な方々に、主に昼間、入浴・排泄・食事等の介護を行うこと、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
 
利用者の特性や能力に合わせて、5つのグループにわかれて
 
・内職活動(エコひも、ウェットティッシュの封入、封筒の袋詰め、ねじとワッシャーの組み立て等)
・レクレーション(カラオケ体操、脳トレ、ハロウィン、クリスマス会等)
・体力づくり(運動場や施設周辺のウォーキング、空き缶つぶし)
・リハビリテーション(理学療法士による機能訓練)
・清掃活動(シーツ交換、窓ふき、ゴミ集め)
・その他、各利用者に合わせたワーク課題
 
に取り組んでいます。
この他利用者の生活を支えるためにサービス管理責任者、看護スタッフ、栄養士、理学療法士、生活支援員、その他多くのスタッフが連携しながら安心した時間を提供しています。
 
(写真ははばたき班の内職活動の様子です)
 
施設入所 定員:60名
 
主として夜間に、入浴・排泄・食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行います。
 
主に2人部屋になります。畳部屋のほか、利用者の身体機能に合わせてベッドや介護用ベッドを使用しています。また清潔な環境を保つために「クリーンデー」を設け、よりよい環境となるように努めています。
 
 
短期入所(ショートステイ) 定員:5名
疾病その他の理由により、居宅での介護が難しくなった方に、入浴・排泄及び食事の介護、その他の必要な支援を行います。
 
男性棟4部屋、女性棟1部屋、お部屋を用意しています。快適に利用していただくための空調・TV等の設備を整えています。
 
日中短期入所 定員6名
地域で生活している障がい者(児)の日中の活動の場を確保することを目的に利用者の受け入れをしています。
 
放課後から帰宅するまでの時間、日中活動の場、休日の過ごす場所等様々な利用の方法があり、幅広い年代の利用者がくすのき園を利用しています。
 

行事

行事
 
音楽会
音楽会は、月に一度、くすのき園の利用者みんなで身体を使って音楽を楽しむことを目的に実施しています。
 
昔懐かしいメロディーに合わせてリズム体操を行ったり、鈴や鳴子等の楽器を用いたりして、体いっぱいで音楽を楽しみます。全体のプログラムは「音楽療法」を参考に利用者が心身共に楽しめるように構成されています。
 
 
バイキング
毎日の欠かせない「食事」を利用者にとって楽しんでもらえるように、月に1度「くすのきバイキング」を開催します。
 
内容は様々で四季折々の季節が感じられるように毎月テーマを決めています。
たとえば・・・
○お花見
○お月見
○ハロウィン
○クリスマス     ・・・・等々があります。
 
時には美味しいお酒・ワインを片手に、お喋りをしながら「利用者の素敵な笑顔」が見られるよう
委託業者さん(シップヘルスケアフード)と協力して提供を行っています。
 
(写真は夏の七夕バイキングのものです。)
 
お出かけ
近場から遠方、ドライブからお泊りまで様々な外出の機会を設けています。
 
大きくは
○フレッシュ園外(夏)
○くすのきトラベル(秋)
○年度末園外活動   ・・・等々があります。
 
この他、活動班単位の外出や、お誕生日外出、土日のドライブ、くすのきバスによる外出等様々な形を設けています。利用者の「お出かけがしたい」という思いに寄り添えるように、機会を提供します。
 
(写真はくすのきトラベル 岡山旅行のものです)
 
 
イベント
一年の時間の流れ、四季を体いっぱいで感じられるように、下記のイベントを用意しています。
 
○お花見
○七夕飾り
○くすのき夏祭り
○餅つき
○忘年会
 
その他、班ごとに様々な企画を行い、利用者が楽しめるようなイベントを開催しています。
 
(写真はくすのき夏祭りの様子です)
 

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1
 
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022