障がい者支援施設くすのき園

 

施設外観

施設外観
 

あいさつ

あいさつ
 
くすのき園は平成6年に知的障害者入所更生施設 新居浜市立くすのき園として開設されました。平成16年からの10年間の指定管理者期間を経て、平成26年より新居浜市からわかば会に全面移管されました。
入所施設ではありますが、ショートステイやデイサービス(生活介護)事業も行っており、多くの地域の障がいのある方々にも利用して頂いております。また入所されている方たちにも、ご要望に応じて日中は法人内外の事業所等に出かけて行ってもらっています。幅広い年齢層の利用者の方たちが約70名の職員と一緒に協力して、「利用者が主人公」の法人理念のもとに、内にも外にも開かれた施設運営に取り組んでいます。
 
 

大切にしていること

大切にしていること
 
『共に』
支援や介助は必要な人に必要な時に提供するようにします。職員は常に利用者の方たちにとっての支援者でいる必要はなく、共に楽しみ、共に苦労し、共に考えて、共に過ごし、共に行動するようにします。
 
『個別支援』
生まれも育ちも性格も特性もひとり一人異なる利用者の方たちの、過去・現在・未来のストーリーを共有しながら、日々の関わりや活動の中で継続的に理解できるように努めて、ありとあらゆる環境を活用しながら、ご本人が必要な支援を本人の立場になって推測して、ひとり一人の可能性を拡げるための行動を職員はとっていけるように努力します。
 
『連携』
ご利用者やご家族、くすのき園内外、さらには地域の様々な関係者とも協力して、法人理念である「利用者が主人公」を実現できるようにするために、対話を重ねて、利己ではなく利他の心を持って、チームで物事を進めていけるように努力します。
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業内容
■生活介護   定員60人
■施設入所支援 定員60人
■短期入所(併設型)
■日中一時
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市萩生1834番地1
 
【電 話】0897-41-6361
【Fax】0897-40-2191
 

ご案内

ご案内
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
お引越ししました!(あすなろ班)
2021-08-17
こんにちは!
 
今回は、数ある班の一つ「あすなろ班」が、作業棟のお引越しをしたので、紹介していきたいと思います。
※あすなろ班とは
「それぞれが課題や製作、製品作りに取り組んでいます。やりたいことも、嫌なこともしっかり行動で示してくれます。ここにははっきりした「意思表示」の姿があります(^▽^)/」
(2020年11月9日くすのき園HP記事より)
 
・今回作業棟のお引越しをどうしてなさったのですか?
以前活動していた作業棟の方が、老朽化、虫の大量発生等問題が起きました。そのためくすのき園内のお部屋を使って活動していました。
園内での活動では、作業棟と違って、活動の途中で場所を離れてしまう利用者も多かったです。
新作業棟の完成は、生活と活動空間を分けられメリハリのある生活が提供」できるのではとの意見もありました。
 
・引っ越して最初の活動の様子は?
綺麗になった部屋をみて馴染む利用者、
「ここはどこ?」とソワソワする利用者、
色んな反応を示す利用者がいたことを記憶しています!
しかし、
一人ひとり新しい場所への興味があり、今でも見回って確認される方もいらっしゃいます。
新鮮な気分もあり、また以前と比べて時間いっぱい活動を行えているような気がしました。
 
・現在苦労するところ・課題
段々と、環境に慣れてきました。
今のところ支援員が、うまく対応やフォローをしています。
今以上に集中して活動できる環境
にするために日々意見を交換しています。
(パーテンションの設置等)
同時に課題として作業棟が今までより少し遠くなった事、
屋外、暑い・寒い・晴れの・雨・雪・・・
気候に合わせて転倒しないよう、体調を崩さないようにすることも課題です。
これから作業棟へ移行していく利用者もいるので、その対応も一緒に考えていきたいです。
 
みなさんが思い浮かべるこれからの展望はありますか?
あすなろ班の新たな活動場所として、スタートしました。
班のメンバーの為に活用していく事はもちろんのこと、幅広い場面でこの場所を使って行けたらと思います。
例えば、コロナ等でクラスターが起きた時の避難場所、余暇活動の場所といったところです。
茶話会会場,誕生会の会場でもいいでしょう!
どんなときでもみんなが使える作業棟
を目指して活動していきたいです!
 
今ある生活がよりよいものになるように・・・
まさにわかば会の理念
「利用者が主人公~一人ひとりの豊かな人生を目指して~」
の実現にむけての第一歩・・
 
またあすなろ班だけでなくいろんなくすのき園の姿を提供できればと思います。
今回の記事はここまでです。最後まで見ていただきありがとうございました。
(藤田:取材協力 あすなろ班のみなさん)
 
写真は
課題を一生懸命している利用者さん
カメラマンをじっと見てくれた利用者さん
それぞれの様子が垣間見える作業棟の様子
 
 
 
ゲーム大会inくすのき園の開幕だー!!
2021-08-14
こんにちは!
 
今年は待ちに待ったオリンピックが行われました。
普段なじみのある競技から、
スケートボード・サーフィンといった新競技まで暑い熱戦が繰り広げられましたね(⌒∇⌒)
 
利用者もオリンピックの動向、
特にメダル個数や色はしきりと会話の中心にあった気がします。
こうしてコロナ下でも暑くなれるものって感動しますね!!
 
今日はオリンピック真っ最中に行われた、
くすのき園ゲーム大会
についてお話しします。(筆者は勝手に「くすのき杯」って呼んでいます。)
 
これはある利用者の
「みんなと一緒にゲームがしたい」
という声から開催が決まり今回で第8回目になりました。
 
何をするかと言いますと・・・
「Wii」ってみなさん覚えていますか?
コントローラと「ヌンチャク」という補助コントローラを使って体を動かして遊ぶゲームです。
 
そのなかの「Wiiスポーツ」をみんなで楽しんでいます。
競技は「ボーリング」。
 
最初は少人数だった大会も、徐々に参加人数が増加し、大会の熱もどんどん上昇中です(^▽^)/
同時に、ストライク・スペアの獲得率があがり、プロさながらの接戦が繰り広げられます。
 
ハラハラドキドキ、
ボーリング場で戦っているような雰囲気です。
 
この大会は、
➀実施日を決める
②広告掲示の作成
③オーダー表(順番決め)
④参加者の呼びかけ等
主催者を中心に利用者のみなさんが行っています。
 
当日は朝から大忙しですが、
最近は〇〇~さんも来てくれてるんよ
今日は〇〇~さんがストライク取ったよ等、
毎回楽しそうな感想を聞かせてくれます。
 
時々機械の不具合で大会が中断することもありますが、
「みんなとゲームがしたい」
という思いが楽しい現場を作ってくれています。
 
また次回の開催を楽しみにしていますね!!
 
まだまだ暑い日々ですが、こうした楽しい事をしながら2021年の夏を楽しんでいきましょうね。
 
今日はここまでです。
最後まで読んでくださりありがとうございます。
(藤田)
 
※写真は左から
➀コントローラの調整中・・・(右の方が今大会の主催者の守屋さん!このあと、順番決めをしました)
②ボーリング場の雰囲気
③ストライクをハイタッチで分かち合います!!やったーー(^▽^)/ 
 
 
全く変わらない景色を前に・・・。
2021-08-05
太陽が真上に差し掛かった時、
久しぶりにくすのき園の屋上に上がってみました。
 
厳しい日差しの中、
そこから見える夏の景色。
 
何年か前に見た景色と、
全く変わらない今の景色・・・。
 
変わらない景色ですが、細部まで見ていくと、
人はマスクを付け、
人の交流は寸断され、
人の集まりはなくなり、
変わらない景色とは逆に、全く別の世界になってしまった今日(いま)。
 
でも、
 
目の前にある変わらない景色により、
 
山の緑が、不安な心を大きく包んでくれ、
 
空の蒼が、心の澱みを洗い流してくれ、
 
果てに見える海が、心の中に未来への希望を湧かしてくれます。
 
「美しい景色を探すより、美しいと思う心を持つ」
 
何かの書物を読み、思い出した言葉です。
 
何でも美しいと思える心、
美しいと感じることが出来る感性、
その心と感性を持つことが出来たなら・・・。
 
これから出会う全ての物事が、
美しいと感じる事で満たされ、
平凡な日常から感動を感じ、
 
いつもそこにある、
 
「あたりまえ」
 
の有難さに気付けるのかもしれません。
(白木)
 
 
 
 
 
みんなのことばではばたき班のこと紹介するよー!!
2021-07-30
こんにちは!
 
今回は、昨年度に引き続いてくすのき園の班の紹介をします。
これまでは、班のスタッフへのインタビューを基に紹介をしてきましたが、
今回紹介する
「はばたき班」
の皆さんには、
記者「藤田」からのメッセージに利用者のみんなの言葉で答えて頂きました。
 
※はばたき班は2つチームがあり、今回は内職チームのご紹介です。
いつもは「はなみずき」という拠点で活動を行っていますが、現在はコロナ対策として、「はなみずき作業チーム」と「くすのき園作業チーム」に分かれて人数を分散して活動しています。
 
 
◆質問項目は・・・
①はばたき班で内職をしていると思いますが、今どんな内職をしていますか?
②休憩やお昼休みには何をしてますか?
③はばたき班での楽しかった思い出を教えて下さい。
④これからはばたき班でしてみたいことを教えて下さい。
以上の項目です。
実際の言葉を可能な限り、編集なしで文字起こしして書きます。
(ひらがな、カタカナ、漢字等)
 
 
①はばたき班で内職をしていると思いますが、今どんな内職をしていますか?
・筒封(封筒)です。
・今はくすのきえんの2かいかいぎしつでふうとうのさぎょうとかをしているよ。ウェットティッシュとかポケットティッシ ュの内職をしているよ。
・封筒A4しています。ウェットティッシュの袋入れもしています。ポケットティッシュの袋入れをしています。
・仕事はしています。がんばっています。
 
②休憩やお昼休みには何をしてますか?
・ごらく室でスムーズレンで休けいしています。ちょっとウロウロしています。へやで広告でゴミばこと新聞折りをしています。てんこうがよかったら、栄養士さんとうんどうじょう2しゅうあるいて、休けいして3しゅうあるいています。
・ドラえもんのマンガをみたり、(他の人が)お茶を持って来てくれたりする時があるヨ。
・ゆっくりしています。スクラッチアートもたまにしています。
・タブレットで好きな曲を聴いています。・ゲーム、塗り絵、壁画飾り(手伝い)
 
③はばたき班での楽しかった思い出を教えて下さい。
・はなみずきにおるときかいものにいって、じぶんの好きな物を買っておやつとコーヒーをかってほしいものをかきました。
・ぬりえがたのしかったです。
 
 
④これからはばたき班でしてみたいことを教えて下さい。
・みんなでおでかけしたいです。
・コロナがかいじょうになったらかいものに行きたいです
・りょこうも1泊りょこうがあるといきたいです。
・2022年の10月くらいにひこうきにのってりょこうを、そのころはコロナウィルスはもうなくなってくれたらいいなとおもうよ。ほっかいどうまでいきたいよ。コーヒーもたくさんのみたいよ。くすのき園の利用者さんで行きたいよ、おねがいね。
以上
 
沢山の言葉を集めることができました。
はばたき班のみんなありがとうございます。
 
コロナの影響により、
楽しみにしているお買い物外出、おでかけにはなかなかいけません。
また、活動拠点がかわり、制限がおおくあるのが現実です。
 
そんななかでも、真面目に活動に取り組んでます。
制限の中でも、
 
”やればできる!”
 
ことは多くあります。
 
はばたき班らしい温かい雰囲気を大切に活動していきましょう!!
今回は長編となりました。
ここまで見て下さりありがとうございます。
また次回の記事を楽しみにいて下さいね!!!
では(o^―^o)ニコ
(藤田)
 
 
 
※写真は、実際のアンケート結果、利用者の定年退職のお祝い、はばたき班掲示板最新版です。
 
「小さなやさしさを紹介したい・・・」
2021-07-26
こんにちは!
 
今日は、筆者が最近くすのき園で感じた、
 
「小さなやさしさ」
 
を皆さんに紹介したいと思います。
 
➀たかがメモ、されどメモ
ある利用者さんは、自分が日直や夜勤の時に毎回献立の書いたメモを渡してくれます。
ただ渡してくれるだけでなく、全メニューを読み上げてくれ、時には来週のことまで教えてくれます。
最初は、渡してくれるだけのめもでしたが、最近は
「けんしょく(検食)は、みんながおわってゆっくり食べてね」
や、
「~さんみんなご飯食べてたよ」
等メッセージ付きのメモが多くなりました。
小さなことだけど、ちょっとした気遣いが感じられてとても嬉しく思いました。
その利用者さんには、
「ありがとう」
「このメニューすきやなー」
など言葉をお伝えして、会話を楽しんでいます
(o^―^o)ニコ
 
 
②毎日食堂掃除をしてくれるみんなへ・・・
自分の手1つでは、結構広いくすのき園の食堂掃除の隅々までは、大変です。
机の拭き掃除、床の掃き掃除、畳の掃き掃除、モップ掛けたくさんの工程があるなかで、色んな利用者さんが代わる代わるお手伝いに来てくれます。
なかには、
「きょうは大丈夫~?」
「もっぷしとこうわい(モップ掛けします)」
と駆けつけてくれる人もいて、私自身含めとても助かっています。
コロナやその他感染症予防、食中毒対策に一役買ってくれているみんな、
本当にありがとうねー(^▽^)/
 
 
③毎回挨拶をしてくれてありがとう
くすのき園は2回の職員室から、1階のフロアへ出勤します。
毎回、色んな利用者がいろんな方法で挨拶をしてくれます。
「おはよう!!!」
と大きな声で挨拶してくれる人、
扉を開けて出迎えてくれる人、
お辞儀をする人、
手を取りに来る人、
紙を渡して、
表現する人、
背中をバンバン叩いてくれる人、
「また来たんかね」
と冗談を言いながら挨拶する人・・・
色んな表現ありますが、どれもその人らしくて嬉しいものです。
毎日のことですが、とても
「やさしさ」かんじてうれしいものです。
ありがとう( ´艸`)
 
今日はこんな感じの記事にしてみました。
当たり前になって、ついついスルーしがちなものばかりですが、ふと思い返すとどれも心温まる優しさにあふれていました。皆さんもふとしたときに、思い出してみてはいかがですか?
今回はここまで!!
いつも記事を見ていただきありがとうございます。
次回の記事を楽しみにしていてくださいね!!
(藤田)
 
※写真は筆者が優しさを感じたものをチョイスしました。
 
 
 

サービス内容

サービス内容
 
生活介護 定員:60名
常に介護が必要な方々に、主に昼間、入浴・排泄・食事等の介護を行うこと、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
 
利用者の特性や能力に合わせて、5つのグループにわかれて
 
・内職活動(エコひも、ウェットティッシュの封入、封筒の袋詰め、ねじとワッシャーの組み立て等)
・レクレーション(カラオケ体操、脳トレ、ハロウィン、クリスマス会等)
・体力づくり(運動場や施設周辺のウォーキング、空き缶つぶし)
・リハビリテーション(理学療法士による機能訓練)
・清掃活動(シーツ交換、窓ふき、ゴミ集め)
・その他、各利用者に合わせたワーク課題
 
に取り組んでいます。
この他利用者の生活を支えるためにサービス管理責任者、看護スタッフ、栄養士、理学療法士、生活支援員、その他多くのスタッフが連携しながら安心した時間を提供しています。
 
(写真ははばたき班の内職活動の様子です)
 
施設入所 定員:60名
 
主として夜間に、入浴・排泄・食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行います。
 
主に2人部屋になります。畳部屋のほか、利用者の身体機能に合わせてベッドや介護用ベッドを使用しています。また清潔な環境を保つために「クリーンデー」を設け、よりよい環境となるように努めています。
 
 
短期入所(ショートステイ) 定員:5名
疾病その他の理由により、居宅での介護が難しくなった方に、入浴・排泄及び食事の介護、その他の必要な支援を行います。
 
男性棟4部屋、女性棟1部屋、お部屋を用意しています。快適に利用していただくための空調・TV等の設備を整えています。
 
日中短期入所 定員6名
地域で生活している障がい者(児)の日中の活動の場を確保することを目的に利用者の受け入れをしています。
 
放課後から帰宅するまでの時間、日中活動の場、休日の過ごす場所等様々な利用の方法があり、幅広い年代の利用者がくすのき園を利用しています。
 

行事

行事
 
音楽会
音楽会は、月に一度、くすのき園の利用者みんなで身体を使って音楽を楽しむことを目的に実施しています。
 
昔懐かしいメロディーに合わせてリズム体操を行ったり、鈴や鳴子等の楽器を用いたりして、体いっぱいで音楽を楽しみます。全体のプログラムは「音楽療法」を参考に利用者が心身共に楽しめるように構成されています。
 
 
バイキング
毎日の欠かせない「食事」を利用者にとって楽しんでもらえるように、月に1度「くすのきバイキング」を開催します。
 
内容は様々で四季折々の季節が感じられるように毎月テーマを決めています。
たとえば・・・
○お花見
○お月見
○ハロウィン
○クリスマス     ・・・・等々があります。
 
時には美味しいお酒・ワインを片手に、お喋りをしながら「利用者の素敵な笑顔」が見られるよう
委託業者さん(シップヘルスケアフード)と協力して提供を行っています。
 
(写真は夏の七夕バイキングのものです。)
 
お出かけ
近場から遠方、ドライブからお泊りまで様々な外出の機会を設けています。
 
大きくは
○フレッシュ園外(夏)
○くすのきトラベル(秋)
○年度末園外活動   ・・・等々があります。
 
この他、活動班単位の外出や、お誕生日外出、土日のドライブ、くすのきバスによる外出等様々な形を設けています。利用者の「お出かけがしたい」という思いに寄り添えるように、機会を提供します。
 
(写真はくすのきトラベル 岡山旅行のものです)
 
 
イベント
一年の時間の流れ、四季を体いっぱいで感じられるように、下記のイベントを用意しています。
 
○お花見
○七夕飾り
○くすのき夏祭り
○餅つき
○忘年会
 
その他、班ごとに様々な企画を行い、利用者が楽しめるようなイベントを開催しています。
 
(写真はくすのき夏祭りの様子です)
 

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1
 
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022