障がい者支援施設くすのき園

 

施設外観

施設外観
 

あいさつ

あいさつ
 
くすのき園は平成6年に知的障害者入所更生施設 新居浜市立くすのき園として開設されました。平成16年からの10年間の指定管理者期間を経て、平成26年より新居浜市からわかば会に全面移管されました。
入所施設ではありますが、ショートステイやデイサービス(生活介護)事業も行っており、多くの地域の障がいのある方々にも利用して頂いております。また入所されている方たちにも、ご要望に応じて日中は法人内外の事業所等に出かけて行ってもらっています。幅広い年齢層の利用者の方たちが約70名の職員と一緒に協力して、「利用者が主人公」の法人理念のもとに、内にも外にも開かれた施設運営に取り組んでいます。
 
 

大切にしていること

大切にしていること
 
『個別支援』
生まれも育ちも性格も特性もひとり一人異なる利用者の方たちの、過去・現在・未来のストーリーを共有しながら、日々の関わりや活動の中で継続的に理解できるように努めて、ありとあらゆる環境を活用しながら、ご本人が必要な支援を本人の立場になって推測して、ひとり一人の可能性を拡げるための行動を職員はとっていけるように努力します。
 
『連携』
ご利用者やご家族、くすのき園内外、さらには地域の様々な関係者とも協力して、法人理念である「利用者が主人公」を実現できるようにするために、対話を重ねて、利己ではなく利他の心を持って、チームで物事を進めていけるように努力します。
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業内容
■生活介護   定員60人
■施設入所支援 定員60人
■短期入所(併設型)
■日中一時
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市萩生1834番地1
 
【電 話】0897-41-6361
【Fax】0897-40-2191
 

ご案内

ご案内
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
忘年会
2018-12-30

年末に利用者忘年会を行いました。

おいしい料理に舌鼓をうちながら、余興を楽しみました。

 

「食べて・踊って・歌って」

と、想い出に残る1日となりました。(黒川)

 
新居浜地区労働者福祉協議会より果物の寄贈
2018-12-28

新居浜地区労働者福祉協議会様より果物を寄贈していただきました。

 

今年は7月の西日本豪雨災害で被災した宇和島市吉田町のみかんなどを持ってきて下さいました。

新鮮なうちに利用者の皆さんで美味しく頂きました。

 

新居浜地区労働者福祉協議会の皆さん、毎年ありがとうございます。(井川)

 

 
お餅つき
2018-12-11

くすのき園において、毎年恒例の餅つきを12/6にしました。

 

「よいしょー!」の掛け声で、利用者の皆さん各々が、杵を使って力いっぱいにお餅をついていきます。

出来上がったお餅は、当日の昼食でいただきました。

 

当日、お手伝いに来て下さった保護者の皆様、ありがとうございました。

みんなで協力して作ったお餅は、大変美味しかったです。(黒川)

 
アネモネ班の活動紹介
2018-11-16
くすのき園における日中活動グループのひとつにアネモネ班があります。アネモネ班では、主に施設内の掃除など週3日しています。
 
アネモネ班の活動がスタートした当初は、清掃道具が揃っていない事などが原因で業務が順調にいかない時もありましたが、「今日も綺麗にしてくれてありがとう」というお礼の言葉がグループメンバーの励みになり、順調に業務をこなせるようになりました。
 
また、アネモネ班での活動(仕事)をとおして、報酬(給料)をもらえる事もグループメンバーの仕事への意欲ややりがい、生活での楽しみにつながっております。報酬(給料)をもらうことで、お金を大切に使う、貯める、また休日をどう過ごすかなども考えられるようになり、買い物や外食、おやつ作りなど休日の過ごし方も充実してきましたように思えます。(吉田)
 
※アネモネの花言葉(可能性・辛抱・希望)からグループ名がつけられました。
 
さつまいも収穫
2018-11-12

近隣にある幼稚園の園児を招待し、くすのき園の利用者さんと一緒に畑で「さつまいも」の収穫作業をしました。

 

畑の土をかきわけて自分の顔より大きなさつまいもを収穫し喜ぶ園児や、土の感触を楽しんだり、見つけた虫に夢中になったりする園児も見られ、くすのき園の利用者もいっしょに収穫してとても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

収穫されたさつまいもは、招待した園児さんに、一番お気に入りの芋を選んでもらい持ち帰ってもらいました。

今回、自分たちで掘ったさつまいもで11月末に「焼き芋」をする予定で、くすのき園の利用者のみなさんも楽しみにしているようです。(高橋也)

 

 

サービス内容

サービス内容
 
生活介護 定員:60名
常に介護が必要な方々に、主に昼間、入浴・排泄・食事等の介護を行うこと、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
 
利用者の特性や能力に合わせて、5つのグループにわかれて
 
・内職活動(エコひも、ウェットティッシュの封入、封筒の袋詰め、ねじとワッシャーの組み立て等)
・レクレーション(カラオケ体操、脳トレ、ハロウィン、クリスマス会等)
・体力づくり(運動場や施設周辺のウォーキング、空き缶つぶし)
・リハビリテーション(理学療法士による機能訓練)
・清掃活動(シーツ交換、窓ふき、ゴミ集め)
・その他、各利用者に合わせたワーク課題
 
に取り組んでいます。
この他利用者の生活を支えるためにサービス管理責任者、看護スタッフ、栄養士、理学療法士、生活支援員、その他多くのスタッフが連携しながら安心した時間を提供しています。
 
(写真ははばたき班の内職活動の様子です)
 
施設入所 定員:60名
 
主として夜間に、入浴・排泄・食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行います。
 
主に2人部屋になります。畳部屋のほか、利用者の身体機能に合わせてベッドや介護用ベッドを使用しています。また清潔な環境を保つために「クリーンデー」を設け、よりよい環境となるように努めています。
 
 
短期入所(ショートステイ) 定員:5名
疾病その他の理由により、居宅での介護が難しくなった方に、入浴・排泄及び食事の介護、その他の必要な支援を行います。
 
男性棟4部屋、女性棟1部屋、お部屋を用意しています。快適に利用していただくための空調・TV等の設備を整えています。
 
日中短期入所 定員6名
地域で生活している障がい者(児)の日中の活動の場を確保することを目的に利用者の受け入れをしています。
 
放課後から帰宅するまでの時間、日中活動の場、休日の過ごす場所等様々な利用の方法があり、幅広い年代の利用者がくすのき園を利用しています。
 

行事

行事
 
音楽会
音楽会は、月に一度、くすのき園の利用者みんなで身体を使って音楽を楽しむことを目的に実施しています。
 
昔懐かしいメロディーに合わせてリズム体操を行ったり、鈴や鳴子等の楽器を用いたりして、体いっぱいで音楽を楽しみます。全体のプログラムは「音楽療法」を参考に利用者が心身共に楽しめるように構成されています。
 
 
バイキング
毎日の欠かせない「食事」を利用者にとって楽しんでもらえるように、月に1度「くすのきバイキング」を開催します。
 
内容は様々で四季折々の季節が感じられるように毎月テーマを決めています。
たとえば・・・
○お花見
○お月見
○ハロウィン
○クリスマス     ・・・・等々があります。
 
時には美味しいお酒・ワインを片手に、お喋りをしながら「利用者の素敵な笑顔」が見られるよう
委託業者さん(シップヘルスケアフード)と協力して提供を行っています。
 
(写真は夏の七夕バイキングのものです。)
 
お出かけ
近場から遠方、ドライブからお泊りまで様々な外出の機会を設けています。
 
大きくは
○フレッシュ園外(夏)
○くすのきトラベル(秋)
○年度末園外活動   ・・・等々があります。
 
この他、活動班単位の外出や、お誕生日外出、土日のドライブ、くすのきバスによる外出等様々な形を設けています。利用者の「お出かけがしたい」という思いに寄り添えるように、機会を提供します。
 
(写真はくすのきトラベル 岡山旅行のものです)
 
 
イベント
一年の時間の流れ、四季を体いっぱいで感じられるように、下記のイベントを用意しています。
 
○お花見
○七夕飾り
○くすのき夏祭り
○餅つき
○忘年会
 
その他、班ごとに様々な企画を行い、利用者が楽しめるようなイベントを開催しています。
 
(写真はくすのき夏祭りの様子です)
 

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1
 
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022