障がい者支援施設くすのき園

 

施設外観

施設外観
 

あいさつ

あいさつ
 
くすのき園は平成6年に知的障害者入所更生施設 新居浜市立くすのき園として開設されました。平成16年からの10年間の指定管理者期間を経て、平成26年より新居浜市からわかば会に全面移管されました。
入所施設ではありますが、ショートステイやデイサービス(生活介護)事業も行っており、多くの地域の障がいのある方々にも利用して頂いております。また入所されている方たちにも、ご要望に応じて日中は法人内外の事業所等に出かけて行ってもらっています。幅広い年齢層の利用者の方たちが約70名の職員と一緒に協力して、「利用者が主人公」の法人理念のもとに、内にも外にも開かれた施設運営に取り組んでいます。
 
 

大切にしていること

大切にしていること
 
『共に』
支援や介助は必要な人に必要な時に提供するようにします。職員は常に利用者の方たちにとっての支援者でいる必要はなく、共に楽しみ、共に苦労し、共に考えて、共に過ごし、共に行動するようにします。
 
『個別支援』
生まれも育ちも性格も特性もひとり一人異なる利用者の方たちの、過去・現在・未来のストーリーを共有しながら、日々の関わりや活動の中で継続的に理解できるように努めて、ありとあらゆる環境を活用しながら、ご本人が必要な支援を本人の立場になって推測して、ひとり一人の可能性を拡げるための行動を職員はとっていけるように努力します。
 
『連携』
ご利用者やご家族、くすのき園内外、さらには地域の様々な関係者とも協力して、法人理念である「利用者が主人公」を実現できるようにするために、対話を重ねて、利己ではなく利他の心を持って、チームで物事を進めていけるように努力します。
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業内容
■生活介護   定員60人
■施設入所支援 定員60人
■短期入所(併設型)
■日中一時
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市萩生1834番地1
 
【電 話】0897-41-6361
【Fax】0897-40-2191
 

ご案内

ご案内
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
旅行気分
2022-11-30
すっかり寒くなりましたが皆さんいかがお過ごしですか?
さて、くすのき園では今年度も毎年恒例の行事がやってきました。そう、文化祭です!!
今年の文化祭のテーマは「みんなで旅に出掛けよう」です。
コロナウイルス蔓延のため以前まで行えていた旅行や外出が難しい中で、利用者の皆さんに
旅気分を味わってもらおうということで文化祭が開催されました。
今年は利用者の皆さんに分かりやすいよう、行事名を文化発表会から文化祭に変更しました。
そして内容もステージを設け何かを発表するのではなく、園内に設置された各ブースを回る体験型になっています。
内容としてはホールや玄関、食堂を使用し、各棟が旅行気分を味わえるような催し物を準備、設営を行いました。簡単に紹介します。
青葉棟(東京・・・くすのきレトロハウス)
たんぽぽ棟(北海道・・・ソーラン節、鮭の一本釣り体験)
ひかり棟(京都・・・バスガイドによる京都観光、舞妓さんと写真撮影)
みのり棟(エジプト・・・みのり王国で宝探し)
エール(ハワイ・・・波乗り体験、ハワイであそぼう)
作品展示
 
その他にも旅行と言えばお土産!ということで食堂にお土産コーナーも設置され、これにも
各地のご当地の物が用意されました。夕食後には花火鑑賞も行いました。
当日、昼食はバイキング形式の食事で各地のご当地の食べ物が提供されました。日本、世界各地の食事が並び、皆さんとても美味しそうに召し上がられていました。
文化祭は各棟順番に各地を巡り様々な体験をして、とても盛り上がり楽しまれていました。
そんな中、お土産コーナーが大人気で欲しい物を自分で選んで、その場で食べたり飲んだり、職員も一緒になって楽しまれていたのが印象深いです。花火も園内からの鑑賞となりましたが、打ち上げ花火があがると歓声や拍手が起こり冬の花火もとても綺麗でした。
 
今回の文化祭も感染症対策や多くの制約がある中で、実行委員だけでなく、たくさんの方が
力を合わせ協力してくださり本当に旅行に行ったような素敵な文化祭になったと思います。
スローガンの「みんなで旅に出掛けよう」が実現できるよう、これからも利用者の皆さんに楽しんでもらえるようなイベントを提供していきたいと思います。
(印南)
 
 
 
 
当たり前の日常に感謝・・・
2022-10-14
秋の気配を感じる今日この頃。
食欲・芸術・スポーツ・お祭りの秋ということで色々と楽しみな季節になっていきますね。
皆さんはどの秋が楽しみですか?
 
くすのき園でも新型コロナウイルス感染者が発生し、当たり前の日常が当たり前ではなくなったことで感じたことを書かせていただきたいと思います。
 
くすのき園には毎日、生活支援員・事務員・栄養士・看護師・PT・用務員等様々な職員が出勤をしています。
くすのき園の多くの利用者と職員が関りを持つことで日々笑い声が絶えないにぎやかな雰囲気の中、利用者さんは生活を送っており、また職員も活気のある現場で利用者の方たちの支援をさせていただいています。
日々普通に生活を送っているといつもの日常は特別な事には感じませんが、当たり前ではなくなった時に物凄くありがたく感じます。今回改めて感じたいつもの日常を当たり前と思わずにいつもの日常に感謝しながら、いつも通りにたくさんの職員がくすのき園に出勤し日々の支援にあたっていきたいなと心から感じました。 
(くすのき園 尾鼻)
 
 
 
 
  • 写真は快気祝いも兼ねての、くすのき園庭での芋炊きランチ

 
 
フレッシュな風が吹く
2022-09-13
今年度の4月から、くすのき園に新卒で女性職員が入職してくれました。
若さ溢れるパワーで日々利用者さんの支援にあたってくれており、利用者さんからも
「凜ちゃん」
と沢山声を掛けられ、絶賛人気大爆発中です!
職員も池田さんからたくさんの刺激を受け、くすのき園にフレッシュないい風を吹かせてくれています。
ここで本人からコメントをいただいておりますので紹介させていただきます。
 
”4月から新卒で入職させていただきました、池田凜です。
保育の学校での施設実習を通し、障がい福祉に興味を持って、より深く学びたいと思いながら働いていますが、入所している利用者の方たちは自分が思っていた以上に明るく元気な方たちばかりです。
業務内容は同じでも人と人との関りがあり、毎日何かしらの変化があるので飽きることなく楽しい毎日です。
先輩職員の方たちも優しく気さくな人たちばかりで仕事内容も丁寧に教えてくれて、とても働きやすいです。
これから利用者の方たちとたくさん関り、
良い関係を築き思い出も一緒に作っていきたいです。”
 
これからも、池田さんを含め職員一同協力してくすのき園を盛り上げていきたいと思います!
尾鼻
 
 
 
コロナに直面して
2022-09-09
8月後半から9月初めにかけて、
くすのき園の1つのユニットで新型コロナウイルスのクラスターが発生しました。
 
法人およびくすのき園においては、保健所や県・市の指導に従い、これまで新型コロナウイルスに関する様々な対策・対応を行ってきましたが、国内において7月から始まった新型コロナの第7波の感染力はすさまじく、くすのき園内にも到来する結果となりました。
 
今回、新型コロナと直面することになりましたが、くすのき園ではコロナ禍が始まった当初から新型コロナに対して2つの怖さを抱いていました。
 
1つはウイルス自体に対する怖さ、
もう1つはこのウイルスに向き合うことによる影響で、くすのき園が今まで築き上げてきた様々な人と人との関係性が崩れてしまう怖さです。
 
新型コロナ発生から3年が経ち、ウイルス自体は幾度もの変異を繰り返し、我々もウイルスに対する様々な情報や知見を入手できるようになりました。また家族や知人等身近なところでも感染や罹患経験のある人も当たり前になりました。
 
それでも、実際にくすのき園内に入ってきたこのウイルスに直面して、感染力の強さや発症するタイミングや症状の違い、また人によっては症状のきつさ等、想像以上の怖さや凄さをこのウイルスから感じました。
 
もう1つの怖さについてですが、今のところはこのウイルスに直面したことで、くすのき園が今まで築き上げてきた様々な人と人との関係性が崩れることなく、より深まってくれたものと信じています。
 
この度の当施設のクラスター発生により、ご利用者やご家族をはじめ関係者の皆様には多大なるご心配とご迷惑をおかけしました。くすのき園内においては、8月27日に発症された方を最後に、新たな感染者は発生されておりませんが、これまで以上に職員一丸となって感染対策に取り組んでまいります。
そして、
くすのき園はこれまでと同様に、辛い時には多くの人たちが協力し助け合って、楽しい時にはともに手を取り合っていけるように努めていきます。
(施設長 井川)
 
※写真は感染対応にあたった職員の引継ぎの様子
 
 
ポテトチップス~収穫したらすぐに食べよう~
2022-07-09
はじめまして!
前回の投稿で藤田より紹介があり、くすのき園の広報活動を担当することになりました尾鼻です。
記事を書いたりする事は自分自身少し苦手とする所でもありますが、くすのき園の利用者や職員の皆さんにも協力してもらいながら、くすのき園での日々の様子やイベントでの様子、職員紹介などを通して少しでもくすのき園の雰囲気・魅力が伝わるように活動していきたいと思います。
 
さて、ここからはくすのき園での出来事をお伝えします。
 
先日、くすのき園では畑でじゃがいも掘りを行い収穫したものを栄養士の協力を得てその場でポテトチップスにして食べました。
梅雨時期だと言うのに雨はどこへやらと感じさせる晴天の中、しっかりと熱中症対策を行い利用者さんはもちろん職員も一緒に収穫しました。自ら収穫しその場で揚げてもらい食べるポテトチップスは一味も二味も違ったようで、すぐになくなってしまいました!
利用者さんからもたくさんの
「おいしいー」
という好評の声を頂きました!
今後も季節の野菜を植えて収穫していく予定になっています。ちなみに次はサツマイモ・とうもろこし・ズッキーニ等を予定しています。
自然の中で野菜に触れ、土に触れることはストレス解消や頭も心もスッキリすると言われています。こうした体験を通して、くすのき園での生活がコロナ禍の中で少しでも充実したものになるように活動していきたいと思います。
(尾鼻)
 
 
 
 
 

サービス内容

サービス内容
 
生活介護 定員:60名
常に介護が必要な方々に、主に昼間、入浴・排泄・食事等の介護を行うこと、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
 
利用者様のニーズに応じられるように
 
・創作活動(裁縫、季節の雑貨等)
・レクレーション(カラオケ体操、脳トレ、ゲーム等)
・体力づくり(運動場や施設周辺のウォーキング、エアロバイク)
・リハビリテーション(理学療法士による機能訓練)
・園芸(野菜、花づくり)
・清掃活動(シーツ交換、掃除、除草)
・リサイクル活動(アルミ缶、ペットボトル)
・音楽、動画、映画鑑賞
・各利用者に合わせた自立課題
 
等を行っています。
サービス管理責任者、看護スタッフ、栄養士、理学療法士、生活支援員、その他多くのスタッフが連携しながら安心した時間を提供できるように努めています。
 
 
施設入所 定員:60名
 
主として夜間に、入浴・排泄・食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行います。
 
主に2人部屋になります。畳部屋のほか、利用者の身体機能に合わせてベッドや介護用ベッドを使用しています。また清潔な環境を保つために「クリーンデー」を設け、よりよい環境となるように努めています。
 
 
短期入所(ショートステイ) 定員:5名
疾病その他の理由により、居宅での介護が難しくなった方に、入浴・排泄及び食事の介護、その他の必要な支援を行います。
 
男性棟4部屋、女性棟1部屋、お部屋を用意しています。快適に利用していただくための空調・TV等の設備を整えています。
 
日中短期入所 定員6名
地域で生活している障がい者(児)の日中の活動の場を確保することを目的に利用者の受け入れをしています。
 
放課後から帰宅するまでの時間、日中活動の場、休日の過ごす場所等様々な利用の方法があり、幅広い年代の利用者がくすのき園を利用しています。
 

行事

行事
 

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1
 
qrcode.png
http://shahuku-wakabakai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
087025
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022