障がい者支援施設くすのき園

 

施設外観

施設外観
 

あいさつ

あいさつ
 
くすのき園は平成6年に知的障害者入所更生施設 新居浜市立くすのき園として開設されました。平成16年からの10年間の指定管理者期間を経て、平成26年より新居浜市からわかば会に全面移管されました。
入所施設ではありますが、ショートステイやデイサービス(生活介護)事業も行っており、多くの地域の障がいのある方々にも利用して頂いております。また入所されている方たちにも、ご要望に応じて日中は法人内外の事業所等に出かけて行ってもらっています。幅広い年齢層の利用者の方たちが約70名の職員と一緒に協力して、「利用者が主人公」の法人理念のもとに、内にも外にも開かれた施設運営に取り組んでいます。
 
 

大切にしていること

大切にしていること
 
『共に』
支援や介助は必要な人に必要な時に提供するようにします。職員は常に利用者の方たちにとっての支援者でいる必要はなく、共に楽しみ、共に苦労し、共に考えて、共に過ごし、共に行動するようにします。
 
『個別支援』
生まれも育ちも性格も特性もひとり一人異なる利用者の方たちの、過去・現在・未来のストーリーを共有しながら、日々の関わりや活動の中で継続的に理解できるように努めて、ありとあらゆる環境を活用しながら、ご本人が必要な支援を本人の立場になって推測して、ひとり一人の可能性を拡げるための行動を職員はとっていけるように努力します。
 
『連携』
ご利用者やご家族、くすのき園内外、さらには地域の様々な関係者とも協力して、法人理念である「利用者が主人公」を実現できるようにするために、対話を重ねて、利己ではなく利他の心を持って、チームで物事を進めていけるように努力します。
 

事業所紹介

事業所紹介
 
事業内容
■生活介護   定員60人
■施設入所支援 定員60人
■短期入所(併設型)
■日中一時
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市萩生1834番地1
 
【電 話】0897-41-6361
【Fax】0897-40-2191
 

ご案内

ご案内
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
感染対策期の今だからできる取り組み
2021-09-13
こんにちは!
現在くすのき園では、万が一施設内に持ち込まれてしまった場合のコロナの蔓延を防止するために
 
➀手指消毒・館内の消毒の徹底
②バイタルチェック・ワクチン接種
③ウイルスのことやコロナ時の対応を、事例をもとに学ぶ
④棟ごとの分散生活の実施
 
に取り組んでいます。
その中の④について紹介します。
(コロナの蔓延が、生活圏域内で広がりやすく、また、一度発生するとなかなか歯止めがかかりにくい、障害がある利用者にとって、急な分散生活はストレスを過度に抱えやすい等)
 
そんな、分散生活の様子の一部を皆様にご紹介したいと思います。
今回は男性棟(青葉棟・みのり棟)の様子です。
(最後まで読んでくださると幸いです(^▽^)/)
 
Ⅰ 一日の生活の流れは?
 
◆青葉棟~
AMはドライブ、缶つぶし、創作活動を行ったりします。利用者によってはPT(理学療法士)ほか支援員が協力してリハビリを実施しています。活動前はバイタルチェックを行い、まだまだ暑いので水分を忘れずにしています。PMは入浴です。順次お風呂にはいりながら、コーヒータイム、塗り絵・カラオケといったことをしています。
 
◆みのり棟~
AMはバイタルチェックをして入浴になります。青葉棟の利用者との接触を避けるために午前にお風呂に入ります。PMはドライブに行ったり、グランドにでてボールを使ったレクレーションをしたり、涼しい時は、近場の散歩を行ったりしています。利用者によっては、スケジュールを提示し、個別の作業を行う利用者もいます。
 
Ⅱ 分散生活での発見は?(発見の一部を紹介)
 
・Aさんは、普段違う班での活動なので、プットイン作業が得意ってことを初めて知りました。継続して何度も出来ているのでびっくりです。
 
・みんなで夏の塗り絵をしました。細部にいたるまで色はバラバラでしたがオリジナリティ溢れる作品の数々でした。Bさんは、塗り絵も上手だし、切り抜いた絵を上手に貼るのも上手でした。Bさんにそんな一面があるのを知らなかったので驚きでした。
 
・活動の随所で声掛けができていて、「自然と協力していこう」という体制が取れています。男性棟ですが、みんなの明るい雰囲気は棟内を元気にしてくれています。
 
・これまでは、園内に共用部があってみんながそこに集う感じでした。しかし、分散となり集う部分がなくなった為、これまで洗濯畳場として使用していたところをリフォームしました。すると、自然とそこにみんなが集まるようになり、カラオケをしたり創作活動したりできるようになりました。やはり、自室以外のどこか行く場所は分散生活では大切かと思います。最近はおっきなTVが来てみんな大喜びです!!
 
Ⅲ 制限の多い生活をいかに乗り越え、楽しんでいきたいか?
 
分散生活のなかでは、どうしても活動の場と生活の場が近く、お部屋での時間が長い利用者もいます。時にはそういうのもいいと思いますが、やはり、
「なにもしない」ではなく、「一人一人に合った楽しめる事」
を見つけてみんなで一緒に分散生活を乗り越えていきたいです。
 
もちろん、まずはコロナに罹らないことが大事で、その中で今までやってきた活動や新たなアイデアを持ち寄って生活できたらいいです。
「これでいいや」
ではなく、
分散生活のなかでも生活の質(QOL)の向上
を目指していきたいです。
以上になります。
 
今回は各棟の職員から取材をして記事を作成しました。
長文となりましたが少しでもくすのき園のことを知っていただければ幸いです。
最後まで読んでくださりありがとうございます。
(藤田大・河野明・白石浩・宇野)
 
※写真は、みのり棟共用部でコーヒータイム、青葉棟共用部での創作!みんなでバスドライブ(笑)
 
 
 
 
コロナの夏を乗り越えよう!!~くすのき園の夏祭り~
2021-09-02
こんにちは。
今年の夏は、予想以上の長い雨が降ったり、はたまた厳しい日差しと暑さの日が続いたりと、なかなか大変な夏ですね。
熱中症対策!!
と言っている自分たちもなんだか夏に負けてしまいそうになります。
また、コロナ禍の2回目の夏ということもあり、くすのき園でも最も強いコロナ対策をとっている真っ只中であり、閉塞感すら出てきそうですね(´;ω;`)
 
しかし、くすのき園では、そんな大変な夏を乗り越えるべく今年も夏祭りを開催しました。
3密や過度の接触を避けるために、男女4つのグループに分かれ、時間を調整しながら夏祭りを楽しむ
「分散スタイルの夏祭り」
を行いました。
(加えて、演目ごとの消毒や換気も徹底して実施しています。また、お盆明けから職員のPCR検査を実施しました。)
 
今年の目玉企画は
・豪華お祭りランチボックス
・移動式アイスクリンとわらび餅屋さん&懐メロ劇団
・くすのき神輿発信です(お手製神輿の運行。)
・コロナお化けを封印せよ!(くすのき劇団によるコロナウイルスVSワクチンの劇)
・盆踊りをしよう
・くすのき花火大会
 
これまでと違って少人数ということでしたが、
「こんな状況であっても利用者のみんなに夏祭りを楽しんでもらおう」
という思いでした。
小道具、音響、会場設営・・・
細部に至るまで趣向を凝らした企画を実施することが出来ました。
 
どこからか香る美味しそうな夏祭り特別メニューのにおい、
暑さを和らげるさっぱりとしたアイスクリンとわらび餅、
劇団くすのきの迫真の演技に沸く会場の笑い声と拍手、
夏の風物詩でもある盆踊りの音色、
最後を締めくくる花火の美しさ。
あっという間の時間でしたが、どれもこれまでの夏祭りに負けない記憶と思い出に残るものでした。
 
コロナ禍ではどうしても
「自粛」してしまうこと、
あきらめてしまうことが多くあります。
しかし、見方を変えることで実現できることも多くあります。
またとない今日という日を少しでも楽しんで過ごせるように、またコロナが終わった時に
「あの時は大変だったけど楽しかったね」
と振り返ることが出来るように・・・
 
夏祭りは終わりましたが、これからも
「チャレンジできる」
くすのき園でありたいです!
 
(藤田大智:取材協力 夏祭り実行委員長 松岡裕次郎)
 
※写真は
・コロナお化けを退治中
・懐メロ劇団の演奏
・夏を彩る花火
 
お引越ししました!(あすなろ班)
2021-08-17
こんにちは!
 
今回は、数ある班の一つ「あすなろ班」が、作業棟のお引越しをしたので、紹介していきたいと思います。
※あすなろ班とは
「それぞれが課題や製作、製品作りに取り組んでいます。やりたいことも、嫌なこともしっかり行動で示してくれます。ここにははっきりした「意思表示」の姿があります(^▽^)/」
(2020年11月9日くすのき園HP記事より)
 
・今回作業棟のお引越しをどうしてなさったのですか?
以前活動していた作業棟の方が、老朽化、虫の大量発生等問題が起きました。そのためくすのき園内のお部屋を使って活動していました。
園内での活動では、作業棟と違って、活動の途中で場所を離れてしまう利用者も多かったです。
新作業棟の完成は、生活と活動空間を分けられメリハリのある生活が提供」できるのではとの意見もありました。
 
・引っ越して最初の活動の様子は?
綺麗になった部屋をみて馴染む利用者、
「ここはどこ?」とソワソワする利用者、
色んな反応を示す利用者がいたことを記憶しています!
しかし、
一人ひとり新しい場所への興味があり、今でも見回って確認される方もいらっしゃいます。
新鮮な気分もあり、また以前と比べて時間いっぱい活動を行えているような気がしました。
 
・現在苦労するところ・課題
段々と、環境に慣れてきました。
今のところ支援員が、うまく対応やフォローをしています。
今以上に集中して活動できる環境
にするために日々意見を交換しています。
(パーテンションの設置等)
同時に課題として作業棟が今までより少し遠くなった事、
屋外、暑い・寒い・晴れの・雨・雪・・・
気候に合わせて転倒しないよう、体調を崩さないようにすることも課題です。
これから作業棟へ移行していく利用者もいるので、その対応も一緒に考えていきたいです。
 
みなさんが思い浮かべるこれからの展望はありますか?
あすなろ班の新たな活動場所として、スタートしました。
班のメンバーの為に活用していく事はもちろんのこと、幅広い場面でこの場所を使って行けたらと思います。
例えば、コロナ等でクラスターが起きた時の避難場所、余暇活動の場所といったところです。
茶話会会場,誕生会の会場でもいいでしょう!
どんなときでもみんなが使える作業棟
を目指して活動していきたいです!
 
今ある生活がよりよいものになるように・・・
まさにわかば会の理念
「利用者が主人公~一人ひとりの豊かな人生を目指して~」
の実現にむけての第一歩・・
 
またあすなろ班だけでなくいろんなくすのき園の姿を提供できればと思います。
今回の記事はここまでです。最後まで見ていただきありがとうございました。
(藤田:取材協力 あすなろ班のみなさん)
 
写真は
課題を一生懸命している利用者さん
カメラマンをじっと見てくれた利用者さん
それぞれの様子が垣間見える作業棟の様子
 
 
 
ゲーム大会inくすのき園の開幕だー!!
2021-08-14
こんにちは!
 
今年は待ちに待ったオリンピックが行われました。
普段なじみのある競技から、
スケートボード・サーフィンといった新競技まで暑い熱戦が繰り広げられましたね(⌒∇⌒)
 
利用者もオリンピックの動向、
特にメダル個数や色はしきりと会話の中心にあった気がします。
こうしてコロナ下でも暑くなれるものって感動しますね!!
 
今日はオリンピック真っ最中に行われた、
くすのき園ゲーム大会
についてお話しします。(筆者は勝手に「くすのき杯」って呼んでいます。)
 
これはある利用者の
「みんなと一緒にゲームがしたい」
という声から開催が決まり今回で第8回目になりました。
 
何をするかと言いますと・・・
「Wii」ってみなさん覚えていますか?
コントローラと「ヌンチャク」という補助コントローラを使って体を動かして遊ぶゲームです。
 
そのなかの「Wiiスポーツ」をみんなで楽しんでいます。
競技は「ボーリング」。
 
最初は少人数だった大会も、徐々に参加人数が増加し、大会の熱もどんどん上昇中です(^▽^)/
同時に、ストライク・スペアの獲得率があがり、プロさながらの接戦が繰り広げられます。
 
ハラハラドキドキ、
ボーリング場で戦っているような雰囲気です。
 
この大会は、
➀実施日を決める
②広告掲示の作成
③オーダー表(順番決め)
④参加者の呼びかけ等
主催者を中心に利用者のみなさんが行っています。
 
当日は朝から大忙しですが、
最近は〇〇~さんも来てくれてるんよ
今日は〇〇~さんがストライク取ったよ等、
毎回楽しそうな感想を聞かせてくれます。
 
時々機械の不具合で大会が中断することもありますが、
「みんなとゲームがしたい」
という思いが楽しい現場を作ってくれています。
 
また次回の開催を楽しみにしていますね!!
 
まだまだ暑い日々ですが、こうした楽しい事をしながら2021年の夏を楽しんでいきましょうね。
 
今日はここまでです。
最後まで読んでくださりありがとうございます。
(藤田)
 
※写真は左から
➀コントローラの調整中・・・(右の方が今大会の主催者の守屋さん!このあと、順番決めをしました)
②ボーリング場の雰囲気
③ストライクをハイタッチで分かち合います!!やったーー(^▽^)/ 
 
 
全く変わらない景色を前に・・・。
2021-08-05
太陽が真上に差し掛かった時、
久しぶりにくすのき園の屋上に上がってみました。
 
厳しい日差しの中、
そこから見える夏の景色。
 
何年か前に見た景色と、
全く変わらない今の景色・・・。
 
変わらない景色ですが、細部まで見ていくと、
人はマスクを付け、
人の交流は寸断され、
人の集まりはなくなり、
変わらない景色とは逆に、全く別の世界になってしまった今日(いま)。
 
でも、
 
目の前にある変わらない景色により、
 
山の緑が、不安な心を大きく包んでくれ、
 
空の蒼が、心の澱みを洗い流してくれ、
 
果てに見える海が、心の中に未来への希望を湧かしてくれます。
 
「美しい景色を探すより、美しいと思う心を持つ」
 
何かの書物を読み、思い出した言葉です。
 
何でも美しいと思える心、
美しいと感じることが出来る感性、
その心と感性を持つことが出来たなら・・・。
 
これから出会う全ての物事が、
美しいと感じる事で満たされ、
平凡な日常から感動を感じ、
 
いつもそこにある、
 
「あたりまえ」
 
の有難さに気付けるのかもしれません。
(白木)
 
 
 
 
 

サービス内容

サービス内容
 
生活介護 定員:60名
常に介護が必要な方々に、主に昼間、入浴・排泄・食事等の介護を行うこと、創作的活動や生産活動の機会を提供します。
 
利用者の特性や能力に合わせて、5つのグループにわかれて
 
・内職活動(エコひも、ウェットティッシュの封入、封筒の袋詰め、ねじとワッシャーの組み立て等)
・レクレーション(カラオケ体操、脳トレ、ハロウィン、クリスマス会等)
・体力づくり(運動場や施設周辺のウォーキング、空き缶つぶし)
・リハビリテーション(理学療法士による機能訓練)
・清掃活動(シーツ交換、窓ふき、ゴミ集め)
・その他、各利用者に合わせたワーク課題
 
に取り組んでいます。
この他利用者の生活を支えるためにサービス管理責任者、看護スタッフ、栄養士、理学療法士、生活支援員、その他多くのスタッフが連携しながら安心した時間を提供しています。
 
(写真ははばたき班の内職活動の様子です)
 
施設入所 定員:60名
 
主として夜間に、入浴・排泄・食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他必要な日常生活上の支援を行います。
 
主に2人部屋になります。畳部屋のほか、利用者の身体機能に合わせてベッドや介護用ベッドを使用しています。また清潔な環境を保つために「クリーンデー」を設け、よりよい環境となるように努めています。
 
 
短期入所(ショートステイ) 定員:5名
疾病その他の理由により、居宅での介護が難しくなった方に、入浴・排泄及び食事の介護、その他の必要な支援を行います。
 
男性棟4部屋、女性棟1部屋、お部屋を用意しています。快適に利用していただくための空調・TV等の設備を整えています。
 
日中短期入所 定員6名
地域で生活している障がい者(児)の日中の活動の場を確保することを目的に利用者の受け入れをしています。
 
放課後から帰宅するまでの時間、日中活動の場、休日の過ごす場所等様々な利用の方法があり、幅広い年代の利用者がくすのき園を利用しています。
 

行事

行事
 
音楽会
音楽会は、月に一度、くすのき園の利用者みんなで身体を使って音楽を楽しむことを目的に実施しています。
 
昔懐かしいメロディーに合わせてリズム体操を行ったり、鈴や鳴子等の楽器を用いたりして、体いっぱいで音楽を楽しみます。全体のプログラムは「音楽療法」を参考に利用者が心身共に楽しめるように構成されています。
 
 
バイキング
毎日の欠かせない「食事」を利用者にとって楽しんでもらえるように、月に1度「くすのきバイキング」を開催します。
 
内容は様々で四季折々の季節が感じられるように毎月テーマを決めています。
たとえば・・・
○お花見
○お月見
○ハロウィン
○クリスマス     ・・・・等々があります。
 
時には美味しいお酒・ワインを片手に、お喋りをしながら「利用者の素敵な笑顔」が見られるよう
委託業者さん(シップヘルスケアフード)と協力して提供を行っています。
 
(写真は夏の七夕バイキングのものです。)
 
お出かけ
近場から遠方、ドライブからお泊りまで様々な外出の機会を設けています。
 
大きくは
○フレッシュ園外(夏)
○くすのきトラベル(秋)
○年度末園外活動   ・・・等々があります。
 
この他、活動班単位の外出や、お誕生日外出、土日のドライブ、くすのきバスによる外出等様々な形を設けています。利用者の「お出かけがしたい」という思いに寄り添えるように、機会を提供します。
 
(写真はくすのきトラベル 岡山旅行のものです)
 
 
イベント
一年の時間の流れ、四季を体いっぱいで感じられるように、下記のイベントを用意しています。
 
○お花見
○七夕飾り
○くすのき夏祭り
○餅つき
○忘年会
 
その他、班ごとに様々な企画を行い、利用者が楽しめるようなイベントを開催しています。
 
(写真はくすのき夏祭りの様子です)
 

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1

交通アクセス  新居浜市萩生1834番地1
 
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022