わかば第2作業所

 

施設外観

施設外観
 

事業所紹介

事業所紹介
 
サービス内容
■ 就労継続支援B型 15名
■ 生活介護 15名
 
平成29年10月より生活介護事業を始めました。
 
作業内容
■ シーツ折り内職
シーツをペアで折り、所定の形に出来たら袋入れやテープ止めなど、得意な役割をそれぞれが力を発揮し頑張っています。
 
■ 菓子箱折り
すぐ近くのお菓子メーカーから仕事を下請けし、箱折りを行っています。
 
■ お菓子作り
お菓子作りは地域の方々とのつながりを大切にしながら、手作りで製造・販売を行っています。
 
■ リサイクル作業(アルミ缶)
リサイクル作業ではアルミ缶を潰しています。
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市船木甲2114
 
【電 話】0897-43-9531
【Fax】0897-47-3911
 

スィーツ工房「来夢」より

スィーツ工房「来夢」より
 
スイーツ工房「来夢」通信(7月号)
スイーツ工房「来夢」通信(7月号) ( 2022-06-25 ・ 723KB )
 

広報誌

広報誌
 
新 風になりたい(59)
No.59 ( 2021-11-03 ・ 412KB )
 
新 風になりたい(60)
No.60 ( 2022-02-07 ・ 754KB )
 
新 風になりたい(61)
No.61 ( 2022-02-07 ・ 886KB )
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
久しぶりのコットンでのお店番!!
2021-11-17
待ちに待った、利用者さんと一緒のコットン(※下記参照)のお店番が再開しました。
数日前から
「コットンに行けるかなぁ?」
と何度も気にしていたMさん。
今回がコットンデビュー(1年越し)でドキドキのYさん。
お店番の前々日にGOサインを貰い、嬉しそうにしている二人を見て、
「本当だったら去年の今頃に、このメンバーで行く予定だったのになぁ」
と思いながら、コロナウイルスの脅威を再確認しました。
 
コットンのエプロン姿もばっちり決まり、開店前には、
「手は伸ばして足につけておじぎをする」
と手を添えながら筆者に指導してくれるYさん。
接客中にレジ打ちにとまどっていると、
「時間、大丈夫ですか?急いでいませんか?もう少しお待ちくださいね。」
としっかりフォローの接客が出来ていたMさん。
二人の新しい一面を見ることが出来ました。
 
お店番より???
楽しみにしていた昼食はフードコートに行きました。
数日前から
「昼食はマクドナルド!!」
と決めていたMさんは初志貫徹でダブルチーズバーガーのセットを注文していました。メニューを自分で決められるか心配だったYさんも、チャンポン麺をしっかりと注文できました。
コロナ対策でアクリルボードも設置されていて安心して食事が出来ました。いつもと違う昼食で嬉しそうに食事をしている二人を見て、楽しみにしている行事は予定通りに出来たらいいなと思いました。
 
昼食後は再びコットンのお店番でしたが、さすがに一日を通してはきつかったのか、少ししんどそうになり、交代で休憩をとりながら最後まで頑張ることができました。
コロナの影響か、お客様が少なかったのは残念でしたが、充実したMさんとYさんの笑顔を見て頼もしく思いました。
これから寒くなり、再びコロナの影響が心配ですが、継続してコットンのお店番が出来るように祈るばかりです。
次回のお店番は誰の笑顔を見ることが出来るか楽しみに待ちたいと思います。 
(小田)
 
※コットン・・・イオンモール新居浜1Fにある、『福祉の店コットン』
市内の施設や団体の方々が作った製品や、作品を販売しているお店です。
(わかば第2作業所で作ったお菓子も販売中です。)
 
 
 
 
疑問に思った事を聞いてみました!
2021-11-11
先日、副所長と職員Kさんがパソコンに向かって
「こうしよう!あれ?こっちの方がいいんじゃない?」
と相談しながら何かを作っていました。
 
新しい事が始まる雰囲気があり、
「何を作っているんですか?」
と副所長に聞いてみました!
副所長は、
「近頃はコロナ禍の為、、利用者さんの作業所での様子をご家族の方になかなかお伝えする事が出来ずにいました。そこで、みなさんが作業所でどのように過ごされているのかを少しでもお伝え出来たらと、新しく『お仕事日記』なるものを各班で作成することにしました。作業所において、こんな風に過ごしているんだ!とご家族の皆様にお伝えすることにより、安心して頂ければ嬉しいです。近々、完成予定です!お楽しみに。」
と話してくれました。
※このお話を聞いてから数日の内に無事完成し、みなさんに配布を致しました。
 
そして、もう一つ、作業所では広報誌を発行しています。
年4回、【新・風になりたい】というタイトルで作業所の様子を誌面にまとめた広報誌です。
わかば第2作業所において広報誌を発行する事になった当時、どういう想いから始まったのかを副所長に聞いてみました。
 
「年4回発行している『風になりたい』は2001年より発行され、2007年に名称を『新・風になりたい』に変更しましたが、この秋の発行で通巻№81になりました。」
「作業所の賛助会員様、地域の皆様等、作業所の活動にいつもご理解・応援いただいている皆様に、感謝の気持ちと作業所の事をより知って頂きたいという気持ちから始まった広報誌です。最近ではカラー印刷でお届け出来るようになり、作業所での様子を一段と分かりやすくお伝え出来ているかと思います。」
「これからも元気いっぱいにわかば第2作業所の様子をお届けしますので、宜しくお願いします。」
と副所長が応答してくれました。
 
開所当時から続いている広報誌、誰もが読みやすく分かりやすい内容を意識し発行して行きたいと思います。
なお、『新・風になりたい』ですが、このホームページ内においても掲載しています。
わかば第2作業所に興味のある方は、ぜひご覧頂けると幸いです。
(浅野)
 
 
 
 
 
あなたの食べたいものを!~特別ランチメニューのご紹介
2021-10-28
わかば第2作業所では月に2回、昼食のメニューを利用者さんが選ぶ
『リクエストメニュー』
の日があります。
 
事前に給食で何が食べたいか、料理本を見て決めていきます。
10月22日のリクエストメニューでは、お家の方にも聞きながら、
「唐揚げ」と
「えび」が好き!
ということで、
「エビチリ」OR「唐揚げ」
の2択で選んでもらいました。
結果は、
「唐揚げ」
の勝利!
副菜にエビをいれてもらいメニューを仕上げました。
 
リクエストメニューの日の前日と帰る前に、メニューを確認し合いました。その時は、ジャンプをして、ワクワク気分を表現してくれました。
 
当日は、厨房でから揚げを揚げはじめた時、作業をしている部屋まで美味しそうな香りが…❤ 
思わず、仕事の手を止め、
「ごはん、まだ?」
と問いかけてくる人もいました。
 
さてさて、お待ちかねの昼食タイム!!
リクエストをした利用者さんの様子はというと…、
いつもは椅子に座ってもすぐに食べ始めようとしない彼女ですが、
今日は、すぐにスプーンを手に取り、エビの入ったサラダから食べ始めました。
 
唐揚げを食べる時には、口の中から唐揚げがあっという間に無くなるくらい早く食べていました。
食後の彼女に感想を聴くと…、
ピョーンっとジャンプをして笑顔で
「おいしっ!」
と返事をくれました。
 
作業所のみんなが順番でリクエストメニューを決めます。
自分で選べる機会は年に一度程度ですが、自分以外の利用者さんが選んだメニューを見て、
「〇〇さんはこれを選んだんだ~♪」
「私もこのメニュー好き♪」
と一緒に楽しんでいる様子で、会話も弾んでいます。
「次はこれを選ぼう!」
と次回の自分の番を心待ちにしている様子もあります。
これからも安心して食事を楽しめる空間を作っていきたいと思います。
(近藤)
 
 
 
 
 

交通アクセス  新居浜市船木甲下長野2114

交通アクセス  新居浜市船木甲下長野2114
 
新居浜市船木2114
qrcode.png
http://shahuku-wakabakai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
078551
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022