わかば第2作業所

 

施設外観

施設外観
 

事業所紹介

事業所紹介
 
サービス内容
■ 就労継続支援B型 15名
■ 生活介護 15名
 
平成29年10月より生活介護事業を始めました。
 
作業内容
■ シーツ折り内職
シーツをペアで折り、所定の形に出来たら袋入れやテープ止めなど、得意な役割をそれぞれが力を発揮し頑張っています。
 
■ 菓子箱折り
すぐ近くのお菓子メーカーから仕事を下請けし、箱折りを行っています。
 
■ お菓子作り
お菓子作りは地域の方々とのつながりを大切にしながら、手作りで製造・販売を行っています。
 
■ リサイクル作業(アルミ缶)
リサイクル作業ではアルミ缶を潰しています。
 
所在地・連絡先
【所在地】新居浜市船木甲2114
 
【電 話】0897-44-7025
【Fax】0897-44-7022
 

スィーツ工房「来夢」より

スィーツ工房「来夢」より
 
バレンタイン限定詰め合わせ(セット)のご案内
バレンタイン限定詰め合わせ(セット) ( 2022-01-21 ・ 444KB )
2022☆バレンタイン限定詰め合わせ(セット)
 
バレンタインギフト発売決定!!
このギフト限定のクッキーも入っています♡
いつもお世話になっているあの方に!
自分へのご褒美に!
ぜひご注文お待ちしております。
 
 
スイーツ工房「来夢」通信(2月号)
スイーツ工房「来夢」通信(2月号) ( 2022-01-23 ・ 657KB )
 

広報誌

広報誌
 
新 風になりたい(59)
No.59 ( 2021-11-03 ・ 412KB )
 

トピックス

トピックス
フォーム
 
【きょうされん四国ブロック仲間トーク】に参加しました♪
2022-01-27
1月25日にオンラインで行われた「きょうされん四国ブロックのなかまのトークルーム」にわかば第2作業所から竹内さんが参加しました。
今回のテーマは「じまんの商品や作品を紹介しよう」ということで、スィーツ工房「来夢」の商品(お菓子)を紹介しました。
 
他の事業所から、
「いくらですか?」
「注文はできますか?」
と聞かれて、竹内さんは1つ1つの価格を説明して商品の紹介をしていました。
 
「わかばさんは、コロナでどうしていますか?」
との急な質問にも、
「手洗いや消毒を、気をつけています。人が多い所も行かないようにしています」
と丁寧に答えていました。

その後、竹内さんにどうだったと聞くと「緊張した」と言っていました。
次回も違うテーマである予定なのでまた参加したいと思います。
(中谷)
 
 
 
2022年を迎え
2022-01-18
2022年を迎え半月が経ち、さらに寒さ厳しくなった気がします。寒い中でも利用者のみなさんは元気に通所し、お仕事をしています。
 
わかば第2作業所の【1月の壁面】は、利用者さんと一緒に制作した羽子板&門松、今年の干支である寅や利用者さんが描いた凧の絵などがたくさん飾られて、とても華やかです♡
 
1月初旬の土曜日開所で【書初め】を行い、その作品も一緒に飾っています。書初めの文字は、利用者さんの好きな文字を書いてもらいました。毎年恒例となっている書初めですが、今年久しぶりに参加した利用者さんや、初めて参加した利用者さんも居ました。
 
飾られている書初め作品を見ながら、
「〇〇さんは今年の目標書いたんじゃね~」
「●●さんの上手な!」
「来年もやりたい!」
と言っていました。
 
愛媛県は新型コロナウイルス感染症が拡大しており、警戒レベルが1月12日から「オミクロン株感染拡大特別警戒期間」となりました。
心配な日々が続いていますが、感染予防(検温・マスク・消毒)を継続し、2022年も利用者さんと一緒に元気に過ごせるよう、現状の過ごし方に工夫できる事はないか?と疑問を持ちながら支援して行きたいと思います。
(浅野)
 
 
 
 
2021年のお仕事を振返って
2021-12-28
2021年、
残すこと数日となりました。

この一年、作業所では色々な仕事をさせていただきました。
 
昨年は、感染症の影響で仕事の受注が減少した時期もありました。が、
「できる事はないかな?」
と、職員、利用者さんが一緒に考える時間にもなりました。
今まで経験のない状況だった為、答えを模索する日々でした。
 
【内職の作業】
仕事の量が減った時期は作業の工程を見直し、利用者さんの
「できる」
を増やす事ができました。
 
初めての仕事が何種類も入った時は、最初は手が進まないこともありましたが、治具を使って回数を重ねる中、どんどんできる数が増え、
「もう慣れた!」
と言いながら作業をしていました。
 
大きな資材を運ぶ時の出来事で印象に残った事がありました。
一人で運ぶ事ができる人とそれが難しい人がいました。
そのような中、
一人で運ぶのが難しい利用者さんに、そっと手を添える利用者さんがいました。
”そっと”、という行為に新たな発見がありました。
一人で頑張ろうとしている同僚に対して、力を添える事を自然にできる利用者さんの心が現れていた一瞬でした。
 
【お菓子の制作】
中々販売に行ける機会がない時期に、
「受注販売を増やそう」
と事前に注文書を配布→商品をお届けという流れで、商品の販売数を確保出来るようにしました。
そして、イベントの参加も難しかった為、「季節限定商品」の受注販売に力を入れました。季節にちなんだ商品は、ありがたい事に大好評で、予想を上回る注文数でした。
商品のお届け予定までの忙しさは想像以上でしたが、利用者の皆さんは役割分担をしっかり守りながら、元気に商品を作っていました。
 
各班がさまざまな仕事に携わる事ができ、感謝の一年でした。
携わってくださった皆様、本当にありがとうございました。
 
2022年はどんな年になるのか楽しみです♪
 
皆様、良いお年をお迎えください。
(浅野)
 
 
 
 
 

交通アクセス  新居浜市船木甲下長野2114

交通アクセス  新居浜市船木甲下長野2114
 
qrcode.png
http://shahuku-wakabakai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
070209
<<社会福祉法人わかば会>> 〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1 TEL:0897-44-7025 FAX:0897-44-7022